ホーム > 賃貸退去時のトラブル > 定期借家契約

定期借家契約

定期借家契約は平成12年3月1日より施行された定期借家法によって定められた賃貸借契約のことで、優良な賃貸住宅が供給されやすくなることを目的として施行されました。

定期借家契約

大家さんと借主が平等な立場で契約期間や家賃等を自由に定め、双方が合意のもとで行われるのが一般的な賃貸借契約で、定期借家契約においては、契約で定めた期間の満了日には更新されることなく契約終了が確定します。

 

定期借家契約の特徴

定期借家契約には以下のような特徴があります。

 

【契約期間の確定】

大家さんが一定の賃貸借期間(1年未満の契約も可能)を定め、この契約期間の満了によって契約が終了します。

 

【契約の更新はなし】

定期借家契約においては、一般の賃貸契約とは異なり、契約期間の満了によって契約が終了しますが、双方の合意によって再契約を交わし、そのまま住み続けることができます。 この時の契約条件によっては、敷金・礼金・仲介手数料などを支払わなければならない場合があります。

 

【途中解約はできない】

定期借家契約においては、契約期間中は借り続けるという前提の賃貸契約となりますので、期間内の途中解約は原則としてできません。例えば、10年間の契約だとすれば、10年間は住まなければいけませんし、10年が経過した時点では必ず退去しなければなりません。そのため、仮に、借主側の一方的な都合によって中途解約したい場合は、残りの期間の賃料を支払う義務が生じます。

 

ただし、200u以上の床面積の居住用物件の場合には、中途解約に関する特約があり、転勤や親族の介護などのやむを得ない事情があり、どうしても使用の継続が困難になった時には、中途解除の申入れをすることができます。

 

【通知の義務】

定期借家契約の期間が1年以上の場合には、契約期間満了の1年前から6ヶ月前までに借主に通知しなければいけません。また、大家さんが通知を忘れて、契約期間を過ぎてしまった場合には、通知のあった日から6ヶ月間は、大家さん側から定期借家契約を強制的に終了させることはできません。

今すぐ相談


関連ページ(広告が含まれています)