ホーム > 賃貸更新時のトラブル > 契約内容の変更

契約内容の変更

契約内容の変更

仮に、契約更新の際に契約の内容を変更したいと言ってきても、その内容が借主に不利になるようなものだったら、借主としてはどうしていいか悩んでしまうところです。

 

この場合、基本的に大家さんからの一方的な通告とすれば、それに従う必要は一切ありません。更新するにしても、大家さんと借主の双方による合意ができなければ、そのまま居住を続けたとしても法定更新という状態になり、入居者の居住権は保護されるのです。

契約内容の変更による合意更新と法定更新の違いは、前者が更新料の支払いが必要になることが多いのに対して、後者では更新料を支払う義務はありません。法定更新した場合の契約期間は、その期間に特に定めのない契約となり、大家さんが6ヶ月前に通知しない限り、借主が希望する限り契約期間が続くことになります。

今すぐ相談


関連ページ(広告が含まれています)