ホーム > 賃貸入居前のチェック事項 > 賃貸入居前のチェック事項

賃貸入居前のチェック事項

退去する時の原状回復(修復)の基準となるのが、入居時の部屋の状態です。入居した時の部屋の状態がわからなければ、どこまでが借主の責任で回復すべきかの判断がつきません。しっかりと、入居時・退去時の状況を比較できるように記録を残しておくようにしたいものです。

例えば、具体的に確認したいところは・・・、

○壁-クロスのはがれ、汚れ、釘穴

○床-畳、フローリング、カーペットなどの汚れや傷、焦げ跡

○天井-クロスのはがれ、シミ、汚れ

○窓ガラス-ひび割れや傷、開け閉めがスムーズにできるか、鍵の状態は?

○網戸や雨戸-傷や破れ、開け閉めがスムーズにできるか

○エアコン-きちんと動作するか

○照明器具-きちんと点灯するか

○収納-内部にカビが生えていたり、変な臭いがしないか

○建具-ドアや引き戸、収納の扉の開け閉めはスムーズにできるか

○浴室-カビ、目立った汚れ、水が詰まっていたり、流れにくかったりしないか

○トイレ-水が詰まったり、流れにくかったりしないか、目立った汚れはないか

○洗面台-水が詰まったり、流れにくかったりしないか、目立った汚れはないか

などです。

不動産会社がチェックリストを用意してくれているようであればそれを使えばいいですが、用意されていない場合には、自分でメモを作って残し、入居時と退去時の比較ができるようにしておきたいものです。

その際には、気になった箇所をメモに残すと同時に、汚れや傷の部分を写真で撮っておくのが良いかも知れません。不動産会社にも連絡したうえで、借主である自分と不動産会社と双方で保管しておくようにすれば、あとあとのトラブルは防げます。

今すぐ相談


関連ページ(広告が含まれています)