ホーム > 賃貸入居前のチェック事項 > 重要事項説明書

重要事項説明書

重要事項説明書とは

重要事項説明と言うのは、不動産を買ったり借りようとする人に対して、契約前に重要な事項について説明することにより、契約後のトラブルを未然に防ぐためのものです。

重要事項説明書は、不動産売買や賃貸借契約の前に、宅地建物取引業法「35条」に基づいた重要事項をまとめた書面です。「重要事項説明書(35条書面)」を買主または借主に交付すると同時に、必ず宅地建物取引主任者(宅地建物取引主任者以外は違法)が主任者証を明示して説明することが義務付けられています。

なお、重要事項説明書は契約書と同様に2通作成され、買主(借主)、売主(貸主)双方が1通ずつ保持することになります。

重要事項説明は、不動産契約においてとても重要なものです。疑問、不明なことがあればその場で質問し、しっかりと理解し、納得してから契約するようして下さい。なお、重要事項説明は契約前に行われるものですから、納得できずに契約に至らなかった場合でも、すでに支払ったお金がある場合には、賃貸契約の場合には全額返金されることになります。

それでは具体的に重要事項説明書に記載される内容を見てみましょう。

今すぐ相談

【物件の表示】

○物件の所在地、種類、名称、間取り、号室、面積、交通など

○貸主(大家さん)の住所、氏名

 

【登記簿について】

○登記上の権利関係、所有権以外の権利に関する事項(抵当権)など

 

【用途や利用制限】

○居住可能人数

○ピアノ可・不可

○ペット可・不可など

 

【公共料金、施設について】

○水道は専用か共同か

○電気は専用か共同か、アンペアなど

○ガスは都市ガスかプロパンガスか、専用か共同か

○トイレは専用か共同か、水洗か

○冷暖房は既設か

○浴室は有りか無しか

○給湯は有りか無しか、何ヶ所についているか

○エレベーターはついているか

○駐車場は有りか、月額はいくらか

○その他ガスコンロや照明や網戸などの附属の設備の有無や、物件の状態

 

などです。

今すぐ相談

【金銭について】

○賃料はいくらか

○管理費(共益費)はいくらか

○礼金はいくらか

○敷金はいくらか

○賃料の支払期日と支払方法

 

などです。

 

【契約の種類と期間】

○普通型賃貸借か、定期借家賃貸借か

○契約期間

 

などです。

 

【更新について】

○更新はできるか

○更新料は必要かどうか

○更新料はいくらか

 

などです。

 

【解約予告】

○借主は何ヶ月前に予告すればいいか

 

などです。

 

【契約解除に関する事項】

契約解除の際の具体的な事由が記載されています。

 

1)住居で契約したにもかかわらず事務所として使用した場合など、指定用途以外に使用した場合

2)勝手にトイレを取り替えるなど 貸主の承諾なしに物件に変更を加えた場合

3)知り合いに貸すなど、貸主の承諾なく、物件を譲渡、転貸した場合

4)他の入居者や近隣住人に対して迷惑行為を行ったり、危険行為を行った場合

5)ペット不可であるにもかかわらずペットを飼った場合

6)家賃の支払いを怠った場合

 

などです。

 

【損害賠償、違約金について】

借主が「故意・過失」によって物件に損害を与えた場合には、貸主(大家さん)が損害賠償請求できるということが記載されています。

 

【敷金、保証金について】

原状回復義務の範囲や原状回復のための費用としていくらの敷金が充当されるのかが記載されています。

 

【報酬額】

仲介手数料の額が記載されています。

 

【管理の委託先】

物件管理の委託先があれば、その委託先の名称や住所が記載されています。

今すぐ相談


関連ページ(広告が含まれています)