ホーム > 賃貸入居中のトラブル > 定期借家契約での途中解約

定期借家契約での途中解約

定期借家契約をしていた場合の途中解約はできるのでしょうか。

 

この場合には、ふたつの点から考えなければなりません。

ひとつは、賃貸契約を結んでいる該当物件の床面積で、もうひとつは解約の事由です。

 

借地借家法第38条の第5項では、

「居住の用に供する建物の床面積(建物の一部分を賃貸借の目的とする場合にあっては、当該一部分の床面積)が200平方メートル未満の建物に係るものに限る)において、転勤、療養、親族の介護その他のやむを得ない事情により、建物の賃借人が建物を自己の生活の本拠として使用することが困難となったときは、建物の賃借人は、建物の賃貸借の解約の申入れをすることができる。この場合においては、建物の賃貸借は、解約の申入れの日から1月を経過することによって終了する」

と規定しています。

 

仮に、賃貸物件の床面積が200平方メートル未満の建物だとすれば、検討すべきなのは、上記の借地借家法に規定されている「その他のやむを得ない事情」に該当するかどうかという点です。

 

「その他のやむを得ない事情」とは「転勤、療養、親族の介護」などと同等の内容でなければいけませんが、これらに共通していることは、借主が自分の都合で決めることができないものという点です。

 

仮に、新築を建てたから賃貸契約はもう必要ないと一方的に言ったとしても、「自宅の新築」は借主の勝手な都合ですから、「やむを得ない事情」に該当はしません。

この場合には、借主の途中解約は認められず、原則的に定期借家契約を終了させることはできません。できることは、大家さんとのうまく交渉し、特別に解約を認めてもらえるように交渉するということです。ただし、この場合、契約には違反しているわけですから、違約金等何かしらの出費は覚悟しなければなりません。

なお、床面積が200平方メートル以上である場合には、「やむを得ない事情」があっても解約はできません。

今すぐ相談


関連ページ(広告が含まれています)