ホーム > 賃貸入居前のチェック事項 > 賃貸契約書

賃貸契約書

賃貸借契約書は、大家さんと借主との間の契約後のトラブルを防止するために交わされるもので、貸主である大家さんと入居者である借主、そして連帯保証人が記名押印し、貸主、借主、そして不動産会社が各1通ずつ保管することになります。

賃貸借契約書は、重要事項説明書と内容が重複していることが多いのですが、特約条項や禁止事項などの重要なことが記載されていますので、詳細まで必ず確認し、何か疑問なところがあれば、その場で解決してから契約するようにして下さい。

それでは具体的に賃貸借契約書に記載される内容を見てみましょう。

今すぐ相談

【賃貸人・賃借人について】

○賃貸人(大家さん)、賃借人(入居者)の氏名

 

【物件の表示】

○物件の「名称・所在地・構造・階数・号室・広さ(u)」

 

【契約期間と更新について】

○契約期間

○契約更新について

○更新料について

 

【賃料について】

○月額いくらなのか、支払い方法、支払い期限はいつなのか

 

【管理費・共益費について】

○月額いくらなのか、支払い方法、支払い期限はいつなのか

 

【賃料・管理費・共益費の改訂について】

○どのような時に賃料や管理費が改訂されるのか

今すぐ相談

【敷金について】

○敷金はいくらなのか、どのような物に充当されるのか

 

【解約ついて】

○賃貸人側、賃借人側それぞれの解約申し出の時期や方法など

 

【賃料等の遅延損害金について】

○賃料や管理費(共益費)などの支払いを遅延した時の遅延損害金

 

【諸費用の実費負担について】

○電気代やガス、水道料金、電話料金の支払いは賃借人が実費負担であること

 

【賃借人(入居者)の管理義務について】

○賃借人は、管理規約に沿って、物件を適切に管理し、使用することが記載されています。

 

【禁止行為について】

○賃借人(入居者)が、賃貸人(大家さん)の承諾を得ずにはしてはならないことが記載されています。

 

1)賃貸借物件を継続して1ヶ月以上空室にすること。

2)賃貸借物件の原状を変更すること。

3)賃貸借物件の内外、及び敷地内に「看板・広告・掲示板・標識」等を設置、貼り付けること。

4)電気、給排水、電話等の設備、機器等の新設、付加、除去、変更すること。

5)賃貸借物件の内外に爆発性、または発火性の物品、その他、危険な物品を搬入し、取り扱うこと。

6)犬、猫、鳥等のペットの飼育をすること。

7)契約書で定めた者以外の入居

8)ピアノなどの楽器演奏

 

などです。

今すぐ相談

【賃貸借の譲渡、転貸について】

○賃貸借物件を第三者に対して譲渡・転貸してはならないことが記載されています。

 

【賃貸人の賃貸借物件内への立入権】

○建物の保全や衛生管理、防火、防犯 などのため、賃貸人、または不動産会社は、、いつでも物件内に入室し、所要の措置をとることができると記載されています。

【賃借人の原状回復、損害賠償義務】

○賃借人は、物件やその設備等を毀損、滅失した場合には、原状どおりに回復しなければならないと記載されています。

 

【賃貸人の免責事由】

○賃貸人は、天災、地変、火災、盗難により生じた損害、電気、ガス、水道等の設備の破損によって生じた損害については、賃貸人の重大な過失がない限り一切責任を負わないと記載されています。

 

【賃貸人の契約解除の権利】

○以下の場合には、賃貸人は賃借人に対して催告せずに、ただちに本契約を解除することができると記載されています。

 

1)賃料、管理費、共益費等の支払いを1回以上遅滞した時

2)賃料、管理費、共益費等の支払いをしばしば遅滞し、それによって、賃貸人と賃借人の関係が著しく損なわれたと認められた時

3)共同生活の秩序を乱した時

4)賃借人が破産宣告を受けた時

5)その他、本契約の各条項に違反した時

今すぐ相談

【契約終了について】

○本契約が契約期間満了や解約、解除によって終了した時には以下の通り処理することが記載されています。

 

1)賃借人はただちに現状を回復して賃貸人に返還しなければなりません。もし、原状回復されていない場合には、賃貸人は賃借人の負担において現状を回復します。その費用は敷金と相殺し、不足額がある場合は賃借人に対して請求することができます。

 

2)賃貸人は、賃借人所有の物品を退去時に処理してない場合には、任意に立ち入りし、保管、または処分することができます。その際の保管や処分にかかった費用は賃借人に請求できるものとします。

 

3)賃貸人は、賃借人が賃貸借物件の明け渡しを完了してから30日以内に敷金を賃借人に返還します。ただし、遅滞した賃料、その他、債務の弁済に充ててなお残額があるときに限ります。

4)賃借人は、賃貸人に対して、移転料などの名目の如何を問わず、金銭、その他を請求はできません。

 

【連帯保証人について】

○賃借人は、契約時に連帯保証人を立てなければなりません。また、その連帯保証人が何かしらの事由で保証の義務を果たせなくなった時には、ただちに新たな連帯保証人を立てなければなりません。

 

【特約事項について】

○物件明け渡しに際して、賃借人が貸室の明け渡しをしても、賃貸人、または管理する不動産会社に鍵の返還をなした日まで賃料が発生します。

 

○契約者、またはその同居人が、暴力団や暴力的集団の構成員、またはこれに準ずる者と判明した時には、賃貸人は賃借人に対し、ただちに契約を解除することができます。

 

○物件明け渡し後、室内や水廻りのハウスクリーニングは、賃貸人指定の専門業者に委託して行うものとし、その費用は賃借人の負担とします。

 

○賃借人のタバコのヤニによるクロスの変色や汚損は、賃借人の負担で張替えるものとします。

 

などです。

 

このように、賃貸借契約書の中の特約事項には、注意しなければならない様々な項目が記載されていますので、しっかりと確認し、納得できないこと、分からないことなどがあったら、その場で解決してから契約するようにして下さい。

今すぐ相談


関連ページ(広告が含まれています)