ホーム > 賃貸入居中のトラブル > 居住以外での使用

居住以外での使用

基本的に、居住用として賃貸契約した物件を事務所として使用することはできません。

ですが、実際には事務所として使用すると言ってもピンからキリまであります。

つまり、どこからどこまでを仕事=事務所として考えるかなのです。

賃貸人としては、居住用のものを事務所として使用すると不特定多数の人が出入りすることで、他の入居者の生活に支障が出たり、物件そのものの傷み具合が激しくなることを避けたいのです。

ただ、SOHOと呼ばれるような職業の場合には、賃貸物件を事務所と呼んでいるような場合が多く、このような場合には、特に不特定多数の人が出入りするわけでもありませんし、他の入居者の生活に支障が出るようなこともないはずです。

こうした状況において大家さん側からクレームが出た場合には、契約はあくまでも居住用として使うことを大家さんと約束しているわけですから、事務所としての実態を大家さんにしっかりと説明したうえで、仮に他の入居者に迷惑をかけるようなことがあれば、事務所としての使用を中止する旨の覚書を提出するなどして、理解を求めるよう努力すべきです。

今すぐ相談


関連ページ(広告が含まれています)

相談・お問い合わせ

相談・お問い合わせ

賃貸契約トラブルホーム

CategoryMenu

賃貸契約トラブル

▼賃貸契約費用

賃貸契約の流れ

賃貸契約の連帯保証人

保証会社の保証代行

仲介手数料とは

礼金とは

敷金とは

▼入居前のチェック事項

入居前のチェック

重要事項説明書

賃貸契約書

入居審査

手付金と預かり金

▼賃貸入居中のトラブル

長期不在

入居者以外の立ち入り・宿泊

居住以外での使用

家賃の滞納

途中解約

定期借家契約での途中解約

▼更新契約のトラブル

更新拒否

家賃の値上げ

契約内容の変更

敷金の変更

更新料の支払い

2つの更新料

連帯保証人の追加、変更

▼退去時のトラブル

退去の流れ

家賃の日割り精算

原状回復とは

経年変化とは

修繕費用

敷金返還

貸主負担と借主負担の具体例

敷金返還請求の時効

敷金返還の方法

敷金返還の判例

▼法律・通達・条例・訴訟制度

定期借家契約

消費者契約法

少額訴訟制度

賃貸住宅紛争防止条例

国土交通省ガイドライン

借地借家法-目次