ホーム > 賃貸入居中のトラブル > 入居者以外の立ち入り・宿泊

入居者以外の立ち入り・宿泊

入居者以外の立ち入り・宿泊

通常は、契約物件には賃貸契約を済ませた本人、またはその家族以外の人が住むことはできません。契約者とは無関係の人が住むということは本来はあり得ないはずで、様々なトラブルの発生原因にもなります。

ただし、契約者とかかわりのある者が宿泊することまで禁止されているわけではありません。借主は毎月家賃を支払って借りているわけですから、基本的には、同性であれ、異性であれ、誰を泊めるにしてもそれは借主の自由です。

トラブルになる例

トラブル回避には、契約書に禁止事項として記載することが、双方にとって明確です。また、このようなことが起きたときに、契約解除したいという場合は、契約書の契約解除項目に詳細に載せておくべきです。

今すぐ相談


関連ページ(広告が含まれています)