ホーム > 賃貸入居前のチェック事項 > 手付金と預かり金

手付金と預かり金

部屋をおさえておいてもらうためのお金は、本来、預かり金、または申込金と言います。手付金と預かり金では、多少その性質が違います。

預かり金

気に入った部屋がある時に、他の人が契約しないようにその部屋を押さえてもらうためのお金です。「契約前」に支払います。

手付金

本来は、不動産の売買契約において、代金の全部あるいは一部として入れるお金です。「契約成立後」に支払います。

手付金のトラブル

例えば、不動産会社に手付金として支払ったお金がキャンセルしても返金されないなどのトラブルがあります。

本来、手付金と言うのは、仲介業者の不動産会社ではなく、契約の当事者である大家さんだけが手付金を受け取る資格があります。不動産会社が受け取る場合には、大家さんからの代理権が必要で、大家さんからの委任状などを提示する必要があるとされています。

結構まだよくあるケースとして、代理権を持たない不動産会社が手付金を受け取っている場合です。

賃貸借契約においては、手付金の授受によって成立するという考え方が多く、不動産会社が手付金を預かり契約書を交わした後は、手付金は解約手付金として扱われる場合があります。

ちなみに、解約手付金とは手付金のひとつで、本来、不動産売買契約の際に、買主はそれを放棄し、一方、売主はその2倍の額を買主に払うことで、双方がそれ以上の義務を負うことなく契約を解除できる手付金のことを言います。

どうしても気に入った物件が見つかった場合には、どういう条件であれば仮押さえができるのか、その際に必要なお金はどんな性質のものなのかを、不動産会社に確認したうえで交渉にのぞまないと、後々トラブルのもとになってしまいますから注意をしたいものです。

今すぐ相談


関連ページ(広告が含まれています)