ホーム > 賃貸退去時のトラブル > 敷金返還請求の時効

敷金返還請求の時効

敷金返還請求の時効

敷金返還の請求権は時効が5年ですが、返還請求の内容によっては、退去から時間が経つほど返還率は低くなります。

 

また、退去からの時間が空きすぎた場合には、賃貸人側の経営状態の悪化などで、実質的に敷金の返還ができなくなっているということもあり得ます。敷金返還を求めるのでしたら、時効間際の請求はできるだけ避け、退去から日が浅いうちに行うべきでしょう。

今すぐ相談


関連ページ(広告が含まれています)