ホーム > 賃貸退去時のトラブル > 原状回復とは

原状回復とは

原状回復というのは、入居した時と同じ状態に戻すと言うことです。

原状回復とは

最近、この賃貸住宅の退去時における原状回復について、その適用範囲や借主と大家さんの費用の負担をめぐってトラブルが増加しています。

 

現状回復にかかる契約の詳細や費用負担のあり方をできるだけ明確にする必要があります。

 

民間賃貸住宅における賃貸借契約は、基本的には契約の自由に基づき、あくまでも貸す側と借りる側双方の合意に基づいて行われるものですが、原状回復に係るトラブルが頻発していることから、平成9年当時において妥当と考えられる一般的な基準をガイドラインとし、国土交通省(旧建設省)が平成10年3月にとりまとめました。

 

退去する時の原状回復の考え方でよくある間違いは、長く住めばその分退去時の補修代もかかるという先入観です。これは長く住めばその分汚れるから当然補修代も借主が支払うべきものであると言う考え方で、一見筋が通っているように見えますが実際には全くの逆です。

 

なぜなら、普通に使っていて生じる汚れのほうが大きくなるわけで、この場合の修復

費用は貸主である大家さんが負担すべきものだからです。これが原状回復の大原則となります。

 

国土交通省のガイドラインは以下のとおりです。

 

国土交通省のガイドライン

【原状回復】

原状回復を「賃借人の居住、使用により発生した建物価値の減少のうち、賃借人の故意・過失、善管注意義務違反、その他通常の使用を超えるような使用による損耗等を復旧すること」と定義し、その費用は賃借人負担としました。そして、いわゆる自然損耗、通常の使用による損耗等の修繕費用は、賃貸人負担としました。

 

このことで、原状回復は、賃借人が借りた当時の状態に戻すことではないことが明確になりました。

【通常の使用】

通常の使用の一般的定義は難しいため、おおまかに下記のように区分し、賃貸人と賃借人の負担の考え方としました。

 

A :賃借人が通常の住まい方、使い方をしいても発生すると考えられるもの

B :賃借人の住まい方、使い方次第で発生したり、しなかったりすると考えられるもの

C:基本的にはAであるが、その後の手入れ等賃借人の管理が悪く、損耗等が発生または拡大したと考えられるもの

D:基本的にはAであるが、建物価値を増大させる要素が含まれているもの

 

【経過年数の考慮】

上述のBやCには、自然使用による損耗や通常の損耗が含まれており、賃借人はその分を賃料として支払っています。この場合、賃借人が修繕費用の全てを負担するこにとなると公平を欠くなどの問題があるため、賃借人の負担については、建物や設備の経過年数を考慮し、年数が多いほど賃借人の負担割合を減少させるのが適当とされました。

今すぐ相談


関連ページ(広告が含まれています)