ホーム > 賃貸退去時のトラブル > 家賃の日割り精算

家賃の日割り精算

民法第89条2項おいて、「法定果実は之を収取する権利の存続期間日割を以って之を取得す」として、日割り精算について定めています。法定果実というのは、賃貸契約の場合には家賃のことを指します。

家賃の日割り精算

賃貸契約書の特約に、日割り精は行わないという規定がある場合、借地借家法上の強行規定や公序良俗などに反していない限り、特約条項に記載された内容が優先されることになります。

 

つまり、日割り精は行わないという内容の特約のある賃貸契約においては、仮に、月の途中で退去したとしても、日割り精算による金額は戻ってこないということになります。

ただし、そうした特約がない場合には、民法上の原則が適用され、日割り精算を要求することができます。なお、日割り精算は、家賃だけでなく共益費も対象となります。

今すぐ相談


関連ページ(広告が含まれています)