不動産のトラブルホーム > 不動産購入のトラブル解決 > 不動産会社選び〜事前調査

不動産会社選び〜事前調査

考えたくないことですが、悪徳不動産屋は実際にありますし、会社自体はよい不動産屋でも担当になる営業マンが信頼のおけない人間の場合もあります。不動産屋の選定は重要で、よく話をして不信感を感じる不動産屋や自分の手数料のことだけを考えている不動産屋は避けるようにします。

  1. 宅地建物取引業の免許の有無を確認
  2. 営業所や社名変更を頻繁に行っていないか?
  3. 提携ローンがあるか?
  4. 不動産業者が上場企業の場合

宅地建物取引業の免許の有無を確認

不動産を取り扱うには、宅建業許可を受けなければなりません。この免許を受けているかどうかは、都道府県庁にある業者名簿に登録されているかどうかを確認することで判明します。

また、店舗に「宅地建物取引業者票」を掲げなければならないことになっていますから、実際に不動産屋に赴き確認するのも手です。

最近は土地や建物のような大きな買い物でもインターネットで購入し、不動産屋に赴かず近くの喫茶店などで営業マンと話をして決済してしまう人も増えています。信頼できる不動産屋か、信頼できる担当かを見極めてください。

今すぐ相談

営業所や社名変更を頻繁に行っていないか?

営業所や社名を頻繁に変更している業者は注意が必要です。統廃合などのために社名変更をすることもありますが、落ち着いて不動産業者を続けている会社であれば、営業所の場所を転々とすることや、社名をたびたび変更することはないはずです。

心配であれば、取引銀行に尋ねてみましょう。

今すぐ相談

提携ローンがあるか?

通常、土地建物を購入する場合、住宅ローンを組むことになります。その場合に、一般ローンといって、仲介不動産屋に関係なく銀行が住宅資金の必要な人に融資する制度と、提携ローンといって、銀行があらかじめ不動産業者の信用状態を調査して協定を結び、ローンを実行するというものがあります。

提携ローンは信用のない業者では結べませんから、銀行提携ローンが利用できるかどうかをひとつの判断材料にすることができます。

今すぐ相談

不動産業者が上場企業の場合

株式市場に上場している不動産業者であれば、その業績内容などは、会社案内・四季報(書店で売られている)などで見ることができます。大手であれば安心という時代でもありませんから、会社の内容を把握しておくことも重要です。

今すぐ相談


関連ページ(広告が含まれています)

相談・お問い合わせ

相談・お問い合わせ

不動産のトラブル解決のホーム

CategoryMenu

不動産のトラブル解決

▼不動産の登記に関する基礎知識

不動産の登記簿謄本

所有権移転登記とは

仮登記とは

予告登記とは

登記識別情報(権利証)

▼土地に関する礎知識

公図と現況の違い

袋地所有者の権利

- 権利関係 -

法定地上権とは

借地権の対抗要件

▼建物に関する基礎知識

建築制限について

用途地域内の規制

建ぺい率と違反

▼不動産購入の注意点とトラブル解決

- 不動産購入時の事前調査 -

不動産会社を選ぶ

実際の土地や建物を確認する

所有者や権利関係の確認

都市計画法や建築基準法制限

ハザードマップで災害状況確認

- トラブル解決の豆知識 -

手付金と履行の着手

建物の瑕疵担保責任

購入家屋の引渡し前滅失

購入家屋の明渡し請求

共同購入の注意点

不動産の二重売買

不動産の他人物売買

借地権・借家権の譲渡権利

借地上の家屋購入

抵当権付不動産の購入

仮登記付不動産の購入

仮差押登記付不動産の購入

仮処分登記付不動産の購入

実測が登記簿(公図)より小さい

競売物件購入の方法と注意点

- 不動産購入時の税金豆知識 -

購入時にかかる税金

▼不動産売却の注意点とトラブル解決

-トラブル解決の豆知識 -

無権代理人に売却された場合

- 不動産売却時の税金豆知識 -

売却時にかかる税金

▼マンショントラブル解決

- マンション規約と管理 -

マンション規約の内容とは

共用部分と権利関係

- マンショントラブル -

管理費の横領・背任行為

管理費修繕積み立て費の滞納

▼不動産Q&A

投資用ワンルームマンション購入しても大丈夫?

賃貸マンション退室時の敷金返還

賃貸アパート建て替えによる立退き料

▼借地借家法の条文解説

借地借家法-目次

第1章 総則(趣旨・定義)

第2章 借地

 第一節 借地権の存続期間等

 第二節 借地権の効力

 第三節 借地条件の変更等

 第四節 定期借地権等

第3章 借家

 第一節 建物賃貸借契約の更新

 第二節 建物賃貸借の効力

 第三節 定期建物賃貸借等