内容証明研究会 > 賃貸マンション退室時の敷金返還

賃貸マンション退室時の敷金返還

質問

先日、賃貸マンションを出たのですが、退去時にクロスの張替え、畳の表替えなどで敷金16万円の他に不足分20万円を請求されました。契約書には「賃借人は退去時に原状回復義務を負う」と書いてありますが、これはどの程度までのことなのでしょうか?

回答

「原状回復義務」とは、借家人が家主に無断で部屋のリフォームをしたり、建具や畳を故意に傷つけた場合にそれを元に戻す義務のことであって、年月の経過に伴い、畳や建具などが古くなったような場合はあてはまりません。

年月の経過に伴う損傷による減価分は、家賃によってまかなわれているからです。

もっとも、契約書にクリーニング代を借家人が負担する旨の条項があった場合には、当事者が合意したものとして、原則として、こうした条項も有効です。ただ、その内容が非常識で不公平であれば、こうした特約条項の効力も認められない場合があります。

契約書にクリーニング代に関する条項がなく、あなたが家賃を滞納したり、故意に畳や建具を傷つけたりしていない限り、あなたは差し入れた敷金と同額のお金を家主から受け取ることができます。

クリーニング代を支払う必要もありません。

しかし、このような主張を直接家主にしても、なかなか返金に応じてくれないでしょうし、加えて、返還してもらえる敷金の額は通常少額ですので、訴訟をするのはかえって費用倒れになる可能性もあります。

そこで、内容証明郵便を出して交渉するという方法が最も適切と思います。もし、その交渉でも家主が応じないというなら、支払督促や少額訴訟を利用したり、敷金返還の調停申立を考えてみてください。

しかし、一度部屋を明渡してしまうと、家主も簡単には敷金を返してくれませんから、明渡しが決まったら、なるべく早く家主と敷金の返還について話し合い、はっきりとした約束をしてから明渡すといった配慮は必要です。また、どの程度までが経年損傷であるかが実際に裁判で争われると、かなり微妙な問題になります。

このページの一番上へ


関連ページ(広告が含まれています)

相談・お問い合わせ

内容証明研究会のホーム

相談・お問い合わせ

CategoryMenu

内容証明研究会カテゴリ

内容証明郵便とは

時効一覧

債権回収の方法と手続き

浮気不倫の慰謝料請求

労働問題

悪徳商法解約

賃貸トラブル

不動産トラブル

ペットトラブル

告訴告発・刑事事件

多重債務

契約解除

損害賠償請求

遺言状・相続問題

成年後見制度

尊厳死の宣言書(リビングウィル)

▼法律解説

民 法

消費者契約法

▼おすすめ

おすすめ書籍

新聞提供記事

メルマガ
なにがなんでも!内容証明研究会

バックナンバー一覧
カテゴリ別一覧
Powerd byまぐまぐ