不倫浮気の慰謝料請求ホーム > 結婚・婚姻とは > 法律上の夫婦になるための条件

法律上の夫婦になるための条件

  1. 法律上の夫婦になるための条件
  2. 婚姻届の受理が拒否される場合
スポンサーリンク

法律上の夫婦になるための条件

法律上の夫婦となるためには、戸籍法の定めに従って届出を受理されなければなりません。

つまり、婚姻届を市区町村役場に提出し、受理されれば法律上の夫婦になることができるのですが、一定の場合に市区町村役場は受理を拒否することができることになっています。

今すぐ相談

婚姻届の受理が拒否される場合

以下の場合は、婚姻届を提出しようとしても受理を拒否され、婚姻できません

今すぐ相談

スポンサーリンク

関連ページリンク

CategoryMenu

不倫浮気の慰謝料請求のホーム

相談・お問い合わせ

▼損害賠償・慰謝料請求とは

慰謝料と損害賠償

慰謝料請求をされた場合

▼不倫浮気の慰謝料請求

不倫・浮気とは

不倫・浮気の慰謝料相場

不倫浮気の慰謝料裁判例

慰謝料請求されたら確認

不倫・浮気慰謝料請求Q&A

▼婚約破棄の慰謝料請求

婚約と婚約破棄

婚約破棄の損害賠償・慰謝料請求

婚約破棄のQ&A

▼同棲・内縁関係のトラブル

内縁関係とは

内縁の不倫浮気慰謝料請求

内縁・同棲のQ&A

▼離婚の知識

離婚の種類(協議・調停・裁判)

離婚理由になる浮気(継続反復)

有責配偶者からの離婚請求要件

離婚後の慰謝料追加請求

離婚と税金

離婚のQ&A

▼結婚・婚姻とは

法律上の夫婦になる要件

夫婦間の約束(契約)

結婚・婚姻のQ&A

SiteMenu

不倫浮気の慰謝料請求のホーム

事務所案内

無料メール相談

スポンサーリンク