不倫浮気の慰謝料請求ホーム > 不倫・浮気の慰謝料請求 > 共同不法行為としての慰謝料

共同不法行為としての慰謝料

スポンサーリンク

共同不法行為としての慰謝料

不倫(不貞行為)は、当たり前ですが一人で行うことができません。不倫は、不貞行為を行った配偶者と不倫相手の二人の共同不法行為となります。したがって、慰謝料も二人の不真正連帯債務となり、不倫をした二人に債務があることになります。

わかりやすく言うと、慰謝料の額が100万円だとすると、不貞行為を行った配偶者と不倫相手双方に50万円ずつ請求することも可能ですし、配偶者のみに100万円を請求して不倫相手に対しては無し、もしくは配偶者には無しで不倫相手に100万円を請求することも可能です。

すなわちトータルで100万円が取れればよいということです。

もっとも不真正連帯債務ですから、一方だけが支払った場合は、全額支払った人は、半額をもう一方に請求することができます。これを求償権といいます

ただし、離婚しない場合は、配偶者に請求しても結局は同じ懐からのお金のやりくりになってしまうということから、不倫相手にのみ請求する場合が多いです。

今すぐ相談

スポンサーリンク

関連ページリンク

CategoryMenu

不倫浮気の慰謝料請求のホーム

相談・お問い合わせ

▼損害賠償・慰謝料請求とは

慰謝料と損害賠償

慰謝料請求をされた場合

▼不倫浮気の慰謝料請求

不倫・浮気とは

不倫・浮気の慰謝料相場

不倫浮気の慰謝料裁判例

慰謝料請求されたら確認

不倫・浮気慰謝料請求Q&A

▼婚約破棄の慰謝料請求

婚約と婚約破棄

婚約破棄の損害賠償・慰謝料請求

婚約破棄のQ&A

▼同棲・内縁関係のトラブル

内縁関係とは

内縁の不倫浮気慰謝料請求

内縁・同棲のQ&A

▼離婚の知識

離婚の種類(協議・調停・裁判)

離婚理由になる浮気(継続反復)

有責配偶者からの離婚請求要件

離婚後の慰謝料追加請求

離婚と税金

離婚のQ&A

▼結婚・婚姻とは

法律上の夫婦になる要件

夫婦間の約束(契約)

結婚・婚姻のQ&A

SiteMenu

不倫浮気の慰謝料請求のホーム

事務所案内

無料メール相談

スポンサーリンク