不倫浮気の慰謝料請求ホーム > 不倫・浮気の慰謝料請求 > 売春、買春、援助交際に、慰謝料請求できるか?

金銭授受のある浮気(売春、買春、援助交際)に対して、慰謝料請求できるか?

  1. 売春や買春は不貞行為
  2. 援助交際も不貞行為
  3. 風俗嬢と不貞行為
  4. 美人局(つつもたせ)と不貞行為
スポンサーリンク

売春や買春は不貞行為

配偶者が買春や売春をしていた場合は不貞行為となります。買春や売春は犯罪ですので、刑事事件になりますが、民事でも不法行為(不貞行為)となり、慰謝料の請求ができるということです。

民事的な慰謝料請求に関しては、その男女関係に金銭の授受があったかどうかは関係ありません。

ただし、不法行為として慰謝料の請求が認められるためには、「相手が既婚者であることを知っていた」「夫婦関係が破綻していなかった」などの要件が必要になってきます。

今すぐ相談

援助交際も不貞行為

援助交際などの場合も、不貞行為になります。しかし、お互いに名前も素性も知らないということが多いでしょうから、援助交際をした相手に慰謝料の請求はできません。

今すぐ相談

風俗嬢と不貞行為

風俗などでお金を支払って肉体関係をもった場合にも、不貞行為にはなりますが、風俗嬢に慰謝料を請求することはできません。これは相手が職業としてやっていることだからです。

しかし、配偶者に対してはこの場合でも慰謝料の請求はできます。

また、風俗嬢と職務以外で継続的に関係を続けた場合には、不貞行為の相手である風俗嬢にも慰謝料を請求することができます。

今すぐ相談

美人局(つつもたせ)と不貞行為

最近よくあるのが美人局(つつもたせ)というものです。美人局とは、夫婦が共謀して行う恐喝のことで、手口としては妻がカモになる男性を捕まえて関係をもち、その後に夫が現れ、そのカモに金銭を要求するのです。

もちろん、これは恐喝という犯罪になるのですが、夫婦が戸籍上の正式な夫婦であった場合には、美人局ということを立証するのもなかなか困難です。

男性は、自分にもやましいことがあるため、なかなか相談することもできません。

しかし、美人局の夫が恐喝してきているのと同じように、不倫をされた配偶者(妻)も、その女性(美人局)に対して慰謝料請求をすることができます。

今すぐ相談

スポンサーリンク

関連ページリンク

CategoryMenu

不倫浮気の慰謝料請求のホーム

相談・お問い合わせ

▼損害賠償・慰謝料請求とは

慰謝料と損害賠償

慰謝料請求をされた場合

▼不倫浮気の慰謝料請求

不倫・浮気とは

不倫・浮気の慰謝料相場

不倫浮気の慰謝料裁判例

慰謝料請求されたら確認

不倫・浮気慰謝料請求Q&A

▼婚約破棄の慰謝料請求

婚約と婚約破棄

婚約破棄の損害賠償・慰謝料請求

婚約破棄のQ&A

▼同棲・内縁関係のトラブル

内縁関係とは

内縁の不倫浮気慰謝料請求

内縁・同棲のQ&A

▼離婚の知識

離婚の種類(協議・調停・裁判)

離婚理由になる浮気(継続反復)

有責配偶者からの離婚請求要件

離婚後の慰謝料追加請求

離婚と税金

離婚のQ&A

▼結婚・婚姻とは

法律上の夫婦になる要件

夫婦間の約束(契約)

結婚・婚姻のQ&A

SiteMenu

不倫浮気の慰謝料請求のホーム

事務所案内

無料メール相談

スポンサーリンク