不倫浮気の慰謝料請求ホーム > 結婚・婚姻とは > 夫婦間の約束(契約)

夫婦間の約束(契約)

夫婦間で交わした約束は、どの程度有効なのでしょうか。本気で争うことになった場合にでも有効な約束のしかたとは、どのようなものでしょう。

夫婦間の約束(契約)が無効なのは夫婦円満の場合だけ

民法754条に「夫婦間で契約をしたときは、その契約は、婚姻中、何時でも、夫婦の一方からこれを取り消すことができる。ただし、第三者の権利を害することができない。」という規定があります。

これは、夫婦の間では約束が日常茶飯事で、真情によらないことが多いことを考慮して、約束を守らなかったからとその度裁判所に訴えて約束を強制することによって円満な夫婦生活が破綻することを回避するために規定されたのです。つまり、夫婦の約束事を法廷に持ち込むなということです。

この場合の契約とは、金銭や不動産に関することから日常の細かい約束事まであらゆるケースに適用されます。

しかし、これは夫婦関係が円満な状態のときのみにしか適用されません。法律上夫婦ではあるけれど、事実上婚姻関係が破綻しているような場合はこの規定の適用はありません。

今すぐ相談


関連ページ(広告が含まれています)

CategoryMenu

不倫浮気の慰謝料請求のホーム

相談・お問い合わせ

▼損害賠償・慰謝料請求とは

慰謝料と損害賠償

慰謝料請求をされた場合

▼不倫浮気の慰謝料請求

不倫・浮気とは

不倫・浮気の慰謝料相場

不倫浮気の慰謝料裁判例

慰謝料請求されたら確認

不倫・浮気慰謝料請求Q&A

▼婚約破棄の慰謝料請求

婚約と婚約破棄

婚約破棄の損害賠償・慰謝料請求

婚約破棄のQ&A

▼同棲・内縁関係のトラブル

内縁関係とは

内縁の不倫浮気慰謝料請求

内縁・同棲のQ&A

▼離婚の知識

離婚の種類(協議・調停・裁判)

離婚理由になる浮気(継続反復)

有責配偶者からの離婚請求要件

離婚後の慰謝料追加請求

離婚と税金

離婚のQ&A

▼結婚・婚姻とは

法律上の夫婦になる要件

夫婦間の約束(契約)

結婚・婚姻のQ&A

SiteMenu

不倫浮気の慰謝料請求のホーム

事務所案内

無料メール相談