不倫浮気の慰謝料請求ホーム > 結婚・婚姻とは > 夫または妻の借金

夫または妻の借金

  1. 生活を営むための借金の場合
スポンサーリンク

生活を営むための借金の場合

夫もしくは妻が単独でした借金を配偶者は返済する義務があるのでしょうか。

民法761条に

夫婦の一方が日常の家事に関して第三者と法律行為をしたときは、他の一方は、これによって生じた債務について、連帯してその責に任ずる。ただし、第三者に対し、責に任じない旨を予告した場合はこの限りではない

と規定されています。

その借金が「日常の家事」に関して行った借金かどうかがポイントになります。

日常の家事とは、夫婦が婚姻生活をしていくうえで通常必要とされるもののことで、生活必需品の購入、家賃・地代の支払い、公共料金の支払い、医療費、子の教育費などを指します。

したがって、生活を営むための借金の場合は、夫婦の一方が単独で行った借金であっても、他の一方も連帯して返済しなければなりません。

今すぐ相談

ギャンブルや飲み屋での飲み代など

ギャンブルや飲み屋での飲み代などのためにした借金に関しては、日常の家事とはみなされず配偶者には返済の義務はありません。

今すぐ相談

スポンサーリンク

関連ページリンク

CategoryMenu

不倫浮気の慰謝料請求のホーム

相談・お問い合わせ

▼損害賠償・慰謝料請求とは

慰謝料と損害賠償

慰謝料請求をされた場合

▼不倫浮気の慰謝料請求

不倫・浮気とは

不倫・浮気の慰謝料相場

不倫浮気の慰謝料裁判例

慰謝料請求されたら確認

不倫・浮気慰謝料請求Q&A

▼婚約破棄の慰謝料請求

婚約と婚約破棄

婚約破棄の損害賠償・慰謝料請求

婚約破棄のQ&A

▼同棲・内縁関係のトラブル

内縁関係とは

内縁の不倫浮気慰謝料請求

内縁・同棲のQ&A

▼離婚の知識

離婚の種類(協議・調停・裁判)

離婚理由になる浮気(継続反復)

有責配偶者からの離婚請求要件

離婚後の慰謝料追加請求

離婚と税金

離婚のQ&A

▼結婚・婚姻とは

法律上の夫婦になる要件

夫婦間の約束(契約)

結婚・婚姻のQ&A

SiteMenu

不倫浮気の慰謝料請求のホーム

事務所案内

無料メール相談

スポンサーリンク