不倫浮気の慰謝料請求ホーム > 同棲・内縁関係のトラブル > 内縁関係とは > 内縁解消後の子供の親権

内縁解消後の子供の親権

内縁解消後の親権、認知と子供の権利

内縁関係にある男女から生まれた子供は、非嫡出子という立場になり、母親の戸籍に入っています。

嫡出子と違い、内縁関係が続いている間も母親の単独親権となります。よって、内縁関係が解消された場合は、そのまま母親が親権者ということになりますので、親権争いは起きません。

スポンサーリンク

これには認知の有無は関係ありませんが、認知をされていれば話し合いで親権者を父親にすることは可能です。その場合、父親と同じ戸籍にして、同じ姓にするには、「子の氏の変更申立て」をして家庭裁判所の許可を得ます。

また、養育費は認知されていないと請求することができません。

さらに、認知されていないと父親の相続権もありません。認知されていれば、嫡出子の半分の額の相続権があります。

今すぐ相談

スポンサーリンク

関連ページリンク

CategoryMenu

不倫浮気の慰謝料請求のホーム

相談・お問い合わせ

▼損害賠償・慰謝料請求とは

慰謝料と損害賠償

慰謝料請求をされた場合

▼不倫浮気の慰謝料請求

不倫・浮気とは

不倫・浮気の慰謝料相場

不倫浮気の慰謝料裁判例

慰謝料請求されたら確認

不倫・浮気慰謝料請求Q&A

▼婚約破棄の慰謝料請求

婚約と婚約破棄

婚約破棄の損害賠償・慰謝料請求

婚約破棄のQ&A

▼同棲・内縁関係のトラブル

内縁関係とは

内縁の不倫浮気慰謝料請求

内縁・同棲のQ&A

▼離婚の知識

離婚の種類(協議・調停・裁判)

離婚理由になる浮気(継続反復)

有責配偶者からの離婚請求要件

離婚後の慰謝料追加請求

離婚と税金

離婚のQ&A

▼結婚・婚姻とは

法律上の夫婦になる要件

夫婦間の約束(契約)

結婚・婚姻のQ&A

SiteMenu

不倫浮気の慰謝料請求のホーム

事務所案内

無料メール相談

スポンサーリンク