男女の慰謝料請求サイト > 離婚による年金分割について

離婚による年金分割について

2007年から離婚した場合の年金分割について、法律ができました。妻は夫の年金をどのくらいもらえるのか?ちまたで流れている噂は、本当なのか?確認してください。

その1 年金分割制度ができる前(~平成19年3月)
その2 離婚時分割(平成19年4月~)
その3 年金分割制度(3号分割)(平成20年4月~)

その1 年金分割制度ができる前(~平成19年3月)

夫が厚生年金に加入しているサラリーマンの場合、夫と妻は、離婚後に以下のように年金受け取りをすることになっていました。

夫:国民年金+老齢厚生年金
妻:国民年金

夫名義の老齢厚生年金は、夫にしか支給されませんでしたので、離婚後にこれを妻が受け取るには、一旦、元夫が受給し、その後で元夫から妻に振込などで渡す以外、方法がありませんでした。

当然、 元夫経由での受取りには、夫が振込みをしてこないというリスクがつきまとい、また、元夫が死亡した場合には、年金支給自体がなくなっていました。

今すぐ相談する!

その2 離婚時分割(平成19年4月~)

「離婚時分割」では、年金分割は夫婦の合意または家庭裁判所の決定により行われます。

  1. 対象となる年金
    厚生年金(老齢厚生年金)
  2. 対象となる離婚
    平成19年4月1日以降に成立した離婚
  3. 対象となる年金分割の期間
    婚姻時から離婚するまでの期間
  4. 分割の割合
    妻の分割割合上限は、婚姻期間中の保険料納付記録の5割です。
    夫のみが厚生年金加入していたときは夫の分のみを対象とし、夫婦とも厚生年金に加入した期間があるときは、合計して5割の範囲内で分割されます。
  5. 分割を決める方法
    夫婦間の合意。または、家庭裁判所の決定
  6. 分割請求の時効
    離婚して2年以内

平成18年10月以降、年金分割に関わる資料を社会保険事務所で入手できます。離婚後に、元夫が死亡した場合でも分割した年金額は変更されることはありませんし、分割を受けた妻が他の男性と再婚した場合でも、その分割の権利はなくなりません。

今すぐ相談する!

その3 年金分割制度(3号分割)(平成20年4月~)

「3号分割」では、平成20年4月1日以降の婚姻期間中の分割については相手の合意がなくても1/2に分割されます。 これは夫が負担した保険料は、夫婦が共同で負担したものとみなされることになるか らです。

ただし、平成20年4月1日以前にかけた年金部分については、その2離婚時分割と同様に話し合いや裁判等で分割割合を決めることになります。

今すぐ相談する!


関連ページ(広告が含まれています)

CategoryMenu

不倫浮気の慰謝料請求のホーム

相談・お問い合わせ

▼損害賠償・慰謝料請求とは

慰謝料と損害賠償

慰謝料請求をされた場合

▼不倫浮気の慰謝料請求

不倫・浮気とは

不倫・浮気の慰謝料相場

不倫浮気の慰謝料裁判例

慰謝料請求されたら確認

不倫・浮気慰謝料請求Q&A

▼婚約破棄の慰謝料請求

婚約と婚約破棄

婚約破棄の損害賠償・慰謝料請求

婚約破棄のQ&A

▼同棲・内縁関係のトラブル

内縁関係とは

内縁の不倫浮気慰謝料請求

内縁・同棲のQ&A

▼離婚の知識

離婚の種類(協議・調停・裁判)

離婚理由になる浮気(継続反復)

有責配偶者からの離婚請求要件

離婚後の慰謝料追加請求

離婚と税金

離婚のQ&A

▼結婚・婚姻とは

法律上の夫婦になる要件

夫婦間の約束(契約)

結婚・婚姻のQ&A

SiteMenu

不倫浮気の慰謝料請求のホーム

事務所案内

無料メール相談