不倫浮気の慰謝料請求ホーム > 離婚の知識 > 離婚届の不受理申出

離婚届の不受理申出

  1. 勝手に離婚届けを出されないために
  2. 不受理申出の期限と取下げ

勝手に離婚届けを出されないために

離婚は夫婦の合意がないと成立しませんが、離婚届を書いた後で気が変わった、もしくは夫婦の一方が勝手に離婚届を記入して提出してしまうという不安がある場合には、市区町村役場に離婚届の不受理申出書を出しておくことによって、知らないうちに離婚していたという事態を防ぐことができます。

基本的に、役所は届に不備がなければ受理してしまうため、偽造した離婚届でも一旦は受理してしまいます。

もちろん、このような離婚は無効ですが、一旦受理されて離婚の効力が生じたものを無効と主張するには時間も労力もかかります。

これを出しておくと、役所は離婚届が出されても受理しないようになるのです。

今すぐ相談

不受理申出の期限と取下げ

離婚届の不受理申出については、平成20年5月から、この有効期限が無期限になりました。

それまでは有効期限が6ヶ月だったので、6ヶ月経っても気持ちが変わらなければその都度届を出さなければなりませんでしたが、現在は取下げをするまでこの届出の効果は有効です。

離婚届の不受理申出がなされている期間に離婚をする意思が固まれば、申出を取り下げることによって、離婚届を受理してもらえるようになります。

注意点として、離婚届の不受理申出と取下書の印鑑は同じものでなければなりません。

離婚したくなったときにその印鑑が無いとすぐに取下げができなかったり、逆に言えば、その印鑑を使用すれば相手が取り下げることもできたりするので、印鑑の保管には充分に注意すべきでしょう。

今すぐ相談


関連ページ(広告が含まれています)

CategoryMenu

不倫浮気の慰謝料請求のホーム

相談・お問い合わせ

▼損害賠償・慰謝料請求とは

慰謝料と損害賠償

慰謝料請求をされた場合

▼不倫浮気の慰謝料請求

不倫・浮気とは

不倫・浮気の慰謝料相場

不倫浮気の慰謝料裁判例

慰謝料請求されたら確認

不倫・浮気慰謝料請求Q&A

▼婚約破棄の慰謝料請求

婚約と婚約破棄

婚約破棄の損害賠償・慰謝料請求

婚約破棄のQ&A

▼同棲・内縁関係のトラブル

内縁関係とは

内縁の不倫浮気慰謝料請求

内縁・同棲のQ&A

▼離婚の知識

離婚の種類(協議・調停・裁判)

離婚理由になる浮気(継続反復)

有責配偶者からの離婚請求要件

離婚後の慰謝料追加請求

離婚と税金

離婚のQ&A

▼結婚・婚姻とは

法律上の夫婦になる要件

夫婦間の約束(契約)

結婚・婚姻のQ&A

SiteMenu

不倫浮気の慰謝料請求のホーム

事務所案内

無料メール相談