不倫浮気の慰謝料請求ホーム > 離婚の知識 > 離婚後の姓・戸籍・氏

離婚後の姓・戸籍・氏

  1. 離婚をすると戸籍はどうなるか
  2. 婚姻中の氏をそのまま称したい場合
  3. 離婚後の子供の戸籍・姓

離婚をすると戸籍はどうなるか

離婚をすると、戸籍筆頭者はそのまま戸籍に残りますが、他方は戸籍から出ることになります。そこで、婚姻前の氏に戻る者の本籍欄に、もとの戸籍に戻るか、新しい戸籍を作るかを選択し、戻る本籍地がどこになるのか記載します。

ただし、旧戸籍が除籍になって残っていないという場合にはもとの戸籍には戻れません。

また、子供を自分の戸籍に入れるためには、新しく戸籍を作らなければなりませんので、元の戸籍には戻らず、自分と子供の新しい戸籍をつくります。

今すぐ相談

婚姻中の氏をそのまま称したい場合

離婚届には「婚姻前の氏に戻る者」となっていますが、必ず婚姻前の氏に戻らなければならないわけではありません。婚姻中の氏を称することもできます

離婚により婚姻前の氏に復した妻または夫が、婚姻中の氏を引き続いて名乗りたいのであれば、離婚をした日から3ヶ月以内にあるいは離婚届と同時に離婚の際に称していた氏を称する届を市区長村役場に出します。

離婚届と同時に提出する場合、離婚届の「婚姻前の氏に戻る者の本籍欄」は記入する必要はありません。

>>離婚して夫の姓を名乗ることはできますか?

今すぐ相談

離婚をしても子供の籍はそのまま

両親が離婚しても、原則として子どもは結婚時の夫婦の戸籍に残ります。親権を取ったからといって、自動的に子供の戸籍まで移動するわけではありません。

親権者となった母親が旧姓に戻った場合、子供と母親の氏と戸籍は異なります。母親が離婚後も結婚時と同じ氏を名乗る場合も、見かけ上は子供と同じ氏ですが、法律的には子供と戸籍は別です。

今すぐ相談

子供の氏と戸籍を母親(親権者)と同じにするには

子供の氏と戸籍を母親(親権者)と同じにするためには、まず「子の氏の変更許可の申立書」を家庭裁判所に提出します。

家庭裁判所で審判書をもらったら「入籍届」を市区町村役場へ提出すれば姓も戸籍も同じにできます。

「子の氏の変更許可の申立書」および「入籍届」は子供が15歳未満のときは親権者が、15歳以上のときは子供本人が届出をします。

住民票・世帯はどうなる

なお、住民票は上記のような手続きをしなくても、同じ世帯に入ることができます。

ただ、一緒に生活をしている親子なのに、氏も戸籍も違うというのは何かと不都合があると思いますので、親権者と子供は氏と戸籍を一緒にしておいたほうがいいと思います。

今すぐ相談


関連ページ(広告が含まれています)

CategoryMenu

不倫浮気の慰謝料請求のホーム

相談・お問い合わせ

▼損害賠償・慰謝料請求とは

慰謝料と損害賠償

慰謝料請求をされた場合

▼不倫浮気の慰謝料請求

不倫・浮気とは

不倫・浮気の慰謝料相場

不倫浮気の慰謝料裁判例

慰謝料請求されたら確認

不倫・浮気慰謝料請求Q&A

▼婚約破棄の慰謝料請求

婚約と婚約破棄

婚約破棄の損害賠償・慰謝料請求

婚約破棄のQ&A

▼同棲・内縁関係のトラブル

内縁関係とは

内縁の不倫浮気慰謝料請求

内縁・同棲のQ&A

▼離婚の知識

離婚の種類(協議・調停・裁判)

離婚理由になる浮気(継続反復)

有責配偶者からの離婚請求要件

離婚後の慰謝料追加請求

離婚と税金

離婚のQ&A

▼結婚・婚姻とは

法律上の夫婦になる要件

夫婦間の約束(契約)

結婚・婚姻のQ&A

SiteMenu

不倫浮気の慰謝料請求のホーム

事務所案内

無料メール相談