不倫浮気の慰謝料請求ホーム > 離婚の知識 > 有責配偶者からの離婚請求の裁判例 > 認められた(別居期間約10年)

別居期間約10年3ヶ月、同居期間は同棲1年1ヶ月と婚姻届出後10ヶ月
 〜 有責配偶者からの離婚請求が認められた裁判例

  1. 判決年、婚姻期間や別居期間など
  2. 婚姻・別居状況

婚姻期間や別居期間など

今すぐ相談

婚姻・別居状況

有責配偶者39歳、相手37歳であり、二人の年齢と同居期間に比較して別居期間が長期間であると判断された。

有責配偶者は精神的な変調をきたし、アルコール依存症と診断され、また内向的な性格である。このような症状も離婚をめぐる紛争と無関係とは言えず、この状態に重圧を感じて離婚を望み、相手方配偶者との関係修復は全く考えていなかった。

しかし、相手方配偶者に離婚する意思はなく、自分は有責配偶者を必要としているとして婚姻の継続を望んだが、その真の理由の大半は、有責原因となる行動に走った有責配偶者から離婚を求められるいわれはないという意地もしくは憎悪感という感情的なものにすぎず、有責配偶者との関係修復を実現可能なものと捉えて真摯かつ具体的な努力をしたとは思えない。

不貞相手に対する損害賠償訴訟に勝訴してからも、有責配偶者に生活費や治療費を送金したり見舞いその他の音信を寄せたりしたことも全くない。

一年のうちの大半は外国航路の船にコックとして乗船し、年収は400万円ほどであり、経済的には有責配偶者に勝っている。有責配偶者からの扶養や相続を期待すべき状況にはなく、有責配偶者との法律上の婚姻関係を解消されることによって失うものは少ないと判断された。

>>有責配偶者からの離婚判例一覧

今すぐ相談


関連ページ(広告が含まれています)

CategoryMenu

不倫浮気の慰謝料請求のホーム

相談・お問い合わせ

▼損害賠償・慰謝料請求とは

慰謝料と損害賠償

慰謝料請求をされた場合

▼不倫浮気の慰謝料請求

不倫・浮気とは

不倫・浮気の慰謝料相場

不倫浮気の慰謝料裁判例

慰謝料請求されたら確認

不倫・浮気慰謝料請求Q&A

▼婚約破棄の慰謝料請求

婚約と婚約破棄

婚約破棄の損害賠償・慰謝料請求

婚約破棄のQ&A

▼同棲・内縁関係のトラブル

内縁関係とは

内縁の不倫浮気慰謝料請求

内縁・同棲のQ&A

▼離婚の知識

離婚の種類(協議・調停・裁判)

離婚理由になる浮気(継続反復)

有責配偶者からの離婚請求要件

離婚後の慰謝料追加請求

離婚と税金

離婚のQ&A

▼結婚・婚姻とは

法律上の夫婦になる要件

夫婦間の約束(契約)

結婚・婚姻のQ&A

SiteMenu

不倫浮気の慰謝料請求のホーム

事務所案内

無料メール相談