不倫浮気の慰謝料請求ホーム > 離婚の知識 > 離婚時の持ち家譲渡の特別控除

離婚時の持ち家譲渡の特別控除

居住用持ち家なら、3000万円の特別控除を受けられる

婚姻中に購入して住んでいた家を一方の配偶者に譲渡して住まわせるということは多いと思います。

この場合、3千万円の特別控除が受けられます。

ここで気をつけなければならないのは、この控除を受けるためには離婚後に渡さなければいけないということです。

また、ここでいう特別控除を受けるための「住むために使われている自宅」という条件は何も譲渡するときまで住んでいる必要はなく、「住むために使われなくなった日から3年を経過する年の12月31日までの譲渡」であれば特別控除を受けることが可能です。

ただし、内縁の男女間ではこの控除を受けることはできません。

今すぐ相談


関連ページ(広告が含まれています)

CategoryMenu

不倫浮気の慰謝料請求のホーム

相談・お問い合わせ

▼損害賠償・慰謝料請求とは

慰謝料と損害賠償

慰謝料請求をされた場合

▼不倫浮気の慰謝料請求

不倫・浮気とは

不倫・浮気の慰謝料相場

不倫浮気の慰謝料裁判例

慰謝料請求されたら確認

不倫・浮気慰謝料請求Q&A

▼婚約破棄の慰謝料請求

婚約と婚約破棄

婚約破棄の損害賠償・慰謝料請求

婚約破棄のQ&A

▼同棲・内縁関係のトラブル

内縁関係とは

内縁の不倫浮気慰謝料請求

内縁・同棲のQ&A

▼離婚の知識

離婚の種類(協議・調停・裁判)

離婚理由になる浮気(継続反復)

有責配偶者からの離婚請求要件

離婚後の慰謝料追加請求

離婚と税金

離婚のQ&A

▼結婚・婚姻とは

法律上の夫婦になる要件

夫婦間の約束(契約)

結婚・婚姻のQ&A

SiteMenu

不倫浮気の慰謝料請求のホーム

事務所案内

無料メール相談