内容証明研究会 > 事故証明がない保険は?

車にはねられたが、事故証明が無いと相手の自賠責保険はおりない?


質問

自転車で走行中に車と接触しました。大したことは無く急いでいたので、連絡先を交換して何かあったら連絡するということでその場を去りました。

その後足の痛みが出て通院していますが、警察を呼んでいないので事故証明がありません。

相手の自賠責保険はおりないのでしょうか?

回答

自賠責保険や任意保険の請求には事故証明が必要です。

事故の際に警察に届けていないので事故証明が無いということですが、現在通院している病院で診断書を書いてもらい、それを警察に持参して事故の届け出をすることができます。

それによって人身事故となり、警察は相手を呼び出して実地検証をし、あなたと相手から供述を取り、事故証明を交付してもらえるでしょう。

また、例外的に事故証明が無くても自賠責保険を請求することは可能です。

こういうケースのために、自賠責保険では、事故証明に代わる「交通事故証明書入手不能理由書」による請求が認められています。

ただし、これは、加害自動車の保険契約者又は保有者が作成することになっており、事故の状況・原因、事故後の経過、警察に届けなかった事由を記載した上で、加害自動車の運転者の証明を受け、さらに複数の目撃者の証言が必要です。

目撃者がいない場合は、被・加害車両の破損状況を示す写真とか、修理見積書などを添付します。

被害者のあなたは、診断書と診療報酬明細書、治療費や通院のための交通費の領収書、それにより仕事に支障が出た場合は収入の証明書などを揃えなければなりません。

事故証明が無いと手続きが面倒になりますので、たとえ小さな事故であってもきちんと警察に届けましょう。

このページの一番上へ

スポンサーリンク

関連ページリンク

CategoryMenu

内容証明研究会カテゴリ

内容証明郵便とは

時効一覧

債権回収の方法と手続き

浮気不倫の慰謝料請求

労働問題

悪徳商法解約

賃貸トラブル

不動産トラブル

ペットトラブル

告訴告発・刑事事件

多重債務

契約解除

損害賠償請求

遺言状・相続問題

成年後見制度

尊厳死の宣言書(リビングウィル)

▼法律解説

民 法

消費者契約法

▼おすすめ

おすすめ書籍

新聞提供記事

メルマガ
なにがなんでも!内容証明研究会

バックナンバー一覧
カテゴリ別一覧
Powerd byまぐまぐ
スポンサーリンク