行政書士への相談

  1. 無料メール相談
  2. 有料メール相談
  3. 電話相談業務
  4. 面談相談

【注意】無料・有料ともに、告訴状・告発状等に関するご相談をお受けしています。

相談・予約はこちら」のボタンをタップorクリックすると、SSL通信で保護された安全なフォームからご相談等できます。回答は24時間以内に行政書士小野高広から返信いたします。

初回無料メール相談

 相談・予約はこちら
  1. 住所・氏名・電話番号は必ずご記入下さい。未記入のものにはお答えできません。
  2. 他機関でも相談されている場合は有料になります。
  3. メール件名[告訴・告発の無料相談]を変更しないでください。
  4. 初回添付ファイルはご遠慮下さい。
  5. 検索エンジン名・キーワード、またはリンク元を教えてください(サイト検索性向上のため)。
  6. 100%返信しております。返信がない場合はメールが迷子になっている可能性がありますので、もう一度メールするか、お電話ください。
  7. 書面の検討やWEBの確認、長すぎるご相談(A4サイズ1枚以上に及ぶボリュームの場合)など、無料の範疇を超えるご相談には随時、有料の旨返信いたします。
  8. 継続のご相談は5250円(税込み)です。
  9. 参考になるご相談内容はHPで紹介させていただくことがあります(人・状況を変え、ご相談が特定できないように修正します)

初回有料メール相談(初回1000円+税)

優先して回答いたします

  1. 初回1000円+税。 チェック・作成依頼の場合、ご相談料は無料になります。
  2. お急ぎの時は、メール送信後お電話ください。 継続相談メール回数制限なし。
    +4000円+税(初回とあわせて5000円+税)

電話相談(有料) ご予約ください

お電話・メールにて予約してください。
なお、ご相談料金は1時間以内で4000円+税となります。(22時以降は6000円+税)
予約時に相談費用のお振込口座をお知らせいたします

面談相談(有料) ご予約ください

お電話・メールにて予約してください。なお、ご相談料金は2時間以内で5000円+税となります。

住所・氏名・電話番号は必ずお知らせ下さい。

面談希望日時を3つほどお知らせ下さい。

 相談・予約はこちら
関連ページ(広告が含まれています)

CategoryMenu

刑事事件の告訴告発

告訴・告発とは

告訴状サンプル書式

告訴期間(時効)・告発期間

公訴時効と刑罰の種類

▼刑事事件の分類

親告罪と告訴権者一覧

告発・請求が起訴要件の刑事罪

▼刑事事件として捜査してもらう

告訴・告発の方法

複数犯・事件への告訴効果と範囲

告訴・告発の取消と再告訴

告訴権の放棄の可否

▼虚偽告訴・不作為の不利益

虚偽告訴罪と不法行為責任

相続・受遺の欠格事由

▼警察が動いてくれないとき

公安委員会の監察へ

マスコミ利用へ

告訴・告発後

▼告訴・告発後のながれ

告訴・告発後の流れと結果通知

▼不起訴処分に不満があるとき

検察審査会への申立

付審判請求(職権濫用罪)

▼冤罪の救済

冤罪被害者の救済

不起訴処分時の補償 ~被疑者補償規程

▼犯罪被害者への補償

被害者給付制度

罪の条文・構成要件・時効

▼個人的な罪

殺人罪

傷害・暴行罪

危険運転致死傷罪

凶器準備罪

過失致死傷罪

遺棄罪

脅迫罪

逮捕・監禁罪

略取・誘拐罪

強制わいせつ・姦淫罪

住居侵入罪

信書開封・秘密漏示罪

名誉毀損・侮辱罪

信用毀損・業務妨害罪

窃盗・強盗罪

詐欺・恐喝罪

▼国に対する罪

公務執行妨害罪

犯人蔵匿・証拠隠滅罪

偽証罪

虚偽告訴罪

職権濫用罪

収賄・贈賄罪

横領・背任罪

盗品譲受・処分罪

毀棄・隠匿罪

▼社会に対する罪

放火・失火罪

爆発物・危険物の罪

出水・水利の罪

往来妨害罪

飲料水(浄水・水道)汚染罪

通貨偽造罪

公文書偽造罪

私文書偽造罪

有価証券偽造罪

支払用カード電磁的記録の罪

印章偽造罪

わいせつ・重婚罪

賭博罪

死体遺棄罪

刑法・刑事訴訟法

外国でも日本刑法が適用

特別刑法

その他

自首とは

刑事事件のおススメ本