成年後見制度解説 > 法定後見制度とは? > 後見人の代理権

法定後見人の代理権

  1. 代理権
  2. 「同意権」がない理由

1.代理権

成年後見人は『本人』の財産を管理し、その財産に関する法律行為について『本人』を代理します。

「『本人』の財産を管理する」とは?

財産を管理する権限(包括的な財産管理権)を持つことです。

「その財産に関する法律行為」とは?

・預金の管理・払戻し
・不動産その他重要な財産の売買
・賃貸借の締結・ 解除
・担保物権の設定
・遺産分割
・生活又は療養看護(身上監護) を目的とする介護契約
・施設入所契約
・医療契約の締結

など。 また、これらの法律行為に関する登記・供託の申請、要介護認定の申請 等の行為も、代理権の対象となると解されています。

代理権の対象とならないもの

婚姻、認知、嫡出認否等の身分行為や、医療同意等の一身専属的な行為は、代理権の対象とならず、遺言についても除外されます。

今すぐ相談する!

2.『同意権』がない理由

「後見」という類型の場合、『本人』は、「自己の財産を管理・処分できな い程度に判断能力が欠けている者、すなわち、日常的に必要な買い物 も自分ではできず、誰かに代わってやってもらう必要がある程度の者」ですので、成年後見人の同意があっても完全な法律行為をするこ とができません。ですから、保佐や補助の制度にある「同意権」は、後見の制度に はありません。

今すぐ相談する!



関連ページ(広告が含まれています)

CategoryMenu

成年後見制度

相談・問い合わせ

成年後見制度ホーム

▼成年後見制度の概要

成年後見制度とは

成年後見登記制度

具体的Q&Aでイメージ

成年後見トラブル事例

▼法定成年後見制度の利用

法定後見制度とは?

後見の対象者

保佐の対象者

補助の対象者

成年後見人(保佐人・補助人)の仕事

成年後見監督人(保佐・補助)とは?

成年後見人(保佐人・補助人)の解任

▼法定後見の申立準備と申立

申立準備(本人・財産の状況、医師の診断)

後見開始(保佐開始・補助開始)審判申立

市町村長による申立

成年後見人(保佐・補助)選任後の申立手続

成年後見人(保佐人・補助人)の辞任申立

成年後見(保佐・補助)審判の取消し申立

▼任意後見制度と契約

任意後見制度とは?

任意後見人のしごと

任意後見監督人の選任申立

必読!任意後見契約締結前に知っておく事

事務委任契約との関係

任意後見契約の文例と解説

任意後見人の契約の内容変更、終了(辞任・解任)

▼成年後見制度等関連四法の概要

民法の一部を改正する法律の概要

民法の一部を改正する法律の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律の概要

任意後見契約に関する法律の概要

後見登記等に関する法律の概要