成年後見制度解説 > 法定後見の準備と申立 > 本人の状況・財産状況等の確認

法定後見制度の利用に当たって〜『本人』のために〜 | 『本人』の状況確認、類型の決定 | 『本人』の同意 | 財産状況の確認


本人・財産状況等の確認

  1. 法定後見制度の利用に当たって〜『本人』のために〜

1.法定後見制度の利用に当たって〜『本人』のために〜

法定後見制度の利用をしなければならない理由として、「認知症の進行」、「脳出血の後遺症」などによって判断能力が低下してしまったため

などが考えられます。 利用に当たっては、本人保護のために「何が必要なのか」を十分に検討した上で申立てを行う必要があります。 特に、申立てを行う類型が保佐補助の場合には、本人保護のために必要な同意権や代理権を検討しなければなりません

本人の判断能力が低下しているからといって、必ず申立てをしなければならないということではありません。よくあるのが、親族内の財産争いから、自分が親の財産の主導権を握ってしまおうとか、親の財産で自分たちの借金を返済してしまおうなどと考えて申立てを行おうと考える方がいらっしゃるようですが、そのような事のためにある制度ではありません

今すぐ相談する!



関連ページ(広告が含まれています)

CategoryMenu

成年後見制度

相談・問い合わせ

成年後見制度ホーム

▼成年後見制度の概要

成年後見制度とは

成年後見登記制度

具体的Q&Aでイメージ

成年後見トラブル事例

▼法定成年後見制度の利用

法定後見制度とは?

後見の対象者

保佐の対象者

補助の対象者

成年後見人(保佐人・補助人)の仕事

成年後見監督人(保佐・補助)とは?

成年後見人(保佐人・補助人)の解任

▼法定後見の申立準備と申立

申立準備(本人・財産の状況、医師の診断)

後見開始(保佐開始・補助開始)審判申立

市町村長による申立

成年後見人(保佐・補助)選任後の申立手続

成年後見人(保佐人・補助人)の辞任申立

成年後見(保佐・補助)審判の取消し申立

▼任意後見制度と契約

任意後見制度とは?

任意後見人のしごと

任意後見監督人の選任申立

必読!任意後見契約締結前に知っておく事

事務委任契約との関係

任意後見契約の文例と解説

任意後見人の契約の内容変更、終了(辞任・解任)

▼成年後見制度等関連四法の概要

民法の一部を改正する法律の概要

民法の一部を改正する法律の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律の概要

任意後見契約に関する法律の概要

後見登記等に関する法律の概要