成年後見制度解説 > 法定後見の準備と申立 > 医師による鑑定

鑑定人の確保 | 鑑定の期間・鑑定の費用


医師による鑑定

  1. 鑑定人の確保

1.鑑定の確保

後見及び保佐では、原則として鑑定が必要とされています。補助については、医師の診断書で足りるとされていますが、必要に応じて鑑定が行われることがあります。

家庭裁判所では、必ずしも、精神鑑定を行う医師が確保されてはい ないので、申立人の側で、鑑定人候補者を探すことになるかと思われます。

精神鑑定を引き受ける医師を見つけ出すのに時間がかかることが考えられるので、主治医がいる場合には、申立て前に、精神鑑定を引き受けてくれるかどうかを確認し、引き受けてくれる場合は、その内諾を得ておく必要があります(横浜家庭裁判所では、診断書を作成した医師に対し、申立ての際に、鑑定も依頼できるかどうかを、「診断書附票」によって回答を求めることとしています。)

なお、精神鑑定を行う者については、精神科医によることが望ましいですが、「医師その他適当な者」と規定されていますので、精神科医に限定さ れているわけではありません。

今すぐ相談する!



関連ページ(広告が含まれています)

CategoryMenu

成年後見制度

相談・問い合わせ

成年後見制度ホーム

▼成年後見制度の概要

成年後見制度とは

成年後見登記制度

具体的Q&Aでイメージ

成年後見トラブル事例

▼法定成年後見制度の利用

法定後見制度とは?

後見の対象者

保佐の対象者

補助の対象者

成年後見人(保佐人・補助人)の仕事

成年後見監督人(保佐・補助)とは?

成年後見人(保佐人・補助人)の解任

▼法定後見の申立準備と申立

申立準備(本人・財産の状況、医師の診断)

後見開始(保佐開始・補助開始)審判申立

市町村長による申立

成年後見人(保佐・補助)選任後の申立手続

成年後見人(保佐人・補助人)の辞任申立

成年後見(保佐・補助)審判の取消し申立

▼任意後見制度と契約

任意後見制度とは?

任意後見人のしごと

任意後見監督人の選任申立

必読!任意後見契約締結前に知っておく事

事務委任契約との関係

任意後見契約の文例と解説

任意後見人の契約の内容変更、終了(辞任・解任)

▼成年後見制度等関連四法の概要

民法の一部を改正する法律の概要

民法の一部を改正する法律の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律の概要

任意後見契約に関する法律の概要

後見登記等に関する法律の概要