成年後見制度解説 > 成年後見制度の基本 > 成年後見登記制度とは?

成年後見登記制度とは?・取引の安全のために | 法定後見の登記 | 任意後見の登記 | 成年後見の変更・終了登記 | 「登記事項証明書」と「閉鎖登記事項証明書」と「登記されていないこと」


成年後見登記制度とは?

  1. 成年後見登記制度とは?
  2. 取引の安全のために

1.成年後見登記制度とは?

成年後見登記制度は、法定後見(後見、保佐、補助)や任意後見に関する事項を公示するものです。法務局に記録されます。

今すぐ相談する!

2.取引の安全のために

登記事項証明書の交付を請求できる者が限定されているため、取引の相手方 には、登記事項証明書の交付を請求することができません。 このため、取引の相手方としては、取引の安全を図るため、以下のような注意義務を果たせば保護されると考えられます。

@ 後見人等との取引(法定後見人、任意後見人との取引) 「登記事項証明書の提出を求める」ことにより、その権限を確認することができます。

A 本人との取引 「口頭での確認」や「本人や家族等に登記事項証明書の提出」を求めることにより、本人が制限されている事項を確認できます。また、本人が「成年後見を受けていない旨」の発言をした場合でも、不審に思ったら、「登記されていないことの証明書」の提出を求めることによって、確認が可能です。 なお、本人が成年後見の審判を受けているにもかかわらず、受けていない旨の発言をした場合には、「詐術」に該当することも考えられます。 「詐術」とは相手を騙すことで、騙した以上はそのとおりにしてもらおう、というもので取引の安全が保たれます。

今すぐ相談する!



関連ページ(広告が含まれています)

CategoryMenu

成年後見制度

相談・問い合わせ

成年後見制度ホーム

▼成年後見制度の概要

成年後見制度とは

成年後見登記制度

具体的Q&Aでイメージ

成年後見トラブル事例

▼法定成年後見制度の利用

法定後見制度とは?

後見の対象者

保佐の対象者

補助の対象者

成年後見人(保佐人・補助人)の仕事

成年後見監督人(保佐・補助)とは?

成年後見人(保佐人・補助人)の解任

▼法定後見の申立準備と申立

申立準備(本人・財産の状況、医師の診断)

後見開始(保佐開始・補助開始)審判申立

市町村長による申立

成年後見人(保佐・補助)選任後の申立手続

成年後見人(保佐人・補助人)の辞任申立

成年後見(保佐・補助)審判の取消し申立

▼任意後見制度と契約

任意後見制度とは?

任意後見人のしごと

任意後見監督人の選任申立

必読!任意後見契約締結前に知っておく事

事務委任契約との関係

任意後見契約の文例と解説

任意後見人の契約の内容変更、終了(辞任・解任)

▼成年後見制度等関連四法の概要

民法の一部を改正する法律の概要

民法の一部を改正する法律の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律の概要

任意後見契約に関する法律の概要

後見登記等に関する法律の概要