内容証明研究会 > 民法ノート > 債権(不当利得・不法行為) > 不法行為

民法 不法行為

不法行為とは

その24 不法行為

不法行為とは

「公平」「正義」を趣旨として加害者に損害を賠償させるもの

《要件》

  1. 加害者が責任能力(法律上の責任が生じることを認識する能力)をもつ
    • 未成年者の責任能力
      弁識できなかったら賠償責任を負わない(712条)
    • 心神喪失者の責任能力
      負わない(713条)但し故意、過失によって一時的に心神喪失を招いた場合は負う(713条但)
    • 責任無能力者の監督者の責任(714条)
      監督義務を怠らなかったことが立証できれば、賠償責任は負わない(普通は負う)
  2. 加害者に故意または過失がある
    • 「過失責任の原則」
  3. 他人の権利もしくは利益を侵害
  4. 加害者の行為によって損害が生じたこと(因果関係)財産、身体、精神も含まれる(710条)

《効果》

  1. 損害賠償を請求できる(709条)・・・積極、消極損害の両方とも3年で消滅時効
  2. 被害者が加害者の故意・過失を立証する
  3. 被害者にも過失がある場合、賠償額は裁判で斟酌される(722条-2)
  4. 金銭で賠償する(722条-1,714条)
  5. 名誉回復(723条)
※安全配慮義務=債務不履行は10年で消滅時効

今すぐ相談する!

不法行為者以外の責任

  1. 使用者責任(715条)
    • 使用者も責任を負う(但し相当の注意、監督をしていた場合は免れる)
    • 立証責任:使用者
  2. 注文者の責任
    • 原則として負わない、但し、注文・指図に過失があったことよる場合は負う(716条)
    • 立証責任:被害者
  3. 土地工作物の占有・所有者責任
    • 設置または保存に瑕疵があったら占有者
    • 占有者が損害防止に必要な注意をしたときは所有者(717条-1)

今すぐ相談する!

共同不法行為

  1. 全ての者が責任を負う
    効果・・・連帯して賠償責任を負う

今すぐ相談する!

損害賠償請求権の消滅時効(724条)

  1. 被害者あるいは法定代理人が損害及び加害者を知ったときから3年
  2. 不法行為のときから20年

今すぐ相談する!

 

民法債権解説へのリンク

今すぐ相談する!


関連ページ(広告が含まれています)

CategoryMenu

内容証明研究会カテゴリ

内容証明郵便とは

時効一覧

債権回収の方法と手続き

浮気不倫の慰謝料請求

労働問題

悪徳商法解約

賃貸トラブル

不動産トラブル

ペットトラブル

告訴告発・刑事事件

多重債務

契約解除

損害賠償請求

遺言状・相続問題

成年後見制度

尊厳死の宣言書(リビングウィル)

▼法律解説

民 法

消費者契約法

▼おすすめ

おすすめ書籍

新聞提供記事

メルマガ
なにがなんでも!内容証明研究会

バックナンバー一覧
カテゴリ別一覧
Powerd byまぐまぐ