内容証明研究会 > 民法ノート > 相続 > 相続人

民法 相続人

相続人について

その1 相続人

相続人は、死亡後の財産の承継(896条)(原則は遺言優先)

《相続順位》

配偶者、子、直系尊属、兄弟姉妹に限られる(血族)

  1. 子+配偶者
  2. 直系尊属+配偶者
  3. 兄弟姉妹+配偶者

《相続欠格と排除》

  • 相続欠格(891条)
    重大な不成行為をした者(先順位の相続人を殺そうとした者)
  • 相続人の廃除(892条,893条)
    遺留分を有する相続人に相続させたくないと思ったとき、家庭裁判所に請求して相続権を奪うことができる

《代襲相続》

相続開始前に相続人となるべき子、兄弟姉妹が死亡したとき、 その他の欠格事由などで相続権を失った場合、その者の直系卑属が相続できる(887条-2,889条-2)

《相続の承認と放棄》

  • 単純承認・・・相続財産を無条件に相続すること(920条,921条)
  • 限定承認・・・プラス財産がなくなったところで債務の弁済も終える
    ((922条)相続人全員の共同)
  • 相続放棄・・・放棄を裁判所に申し出る
    ⇒初めから相続人でないとみなされる(939条)
  • 代襲相続もできない
  • 財産の一部を私的に使ってしまった場合、単純相続とみなされる
    ※相続開始から3ヶ月以内に(915条)

今すぐ相談する!

 

民法相続解説へのリンク

今すぐ相談する!

民法親族
民法相続
  ・ 1 相続人
  ・ 2 遺産分割
  ・ 3 遺言
  ・ 4 遺留分

関連ページ(広告が含まれています)

相談・お問い合わせ

内容証明研究会のホーム

相談・お問い合わせ

CategoryMenu

内容証明研究会カテゴリ

内容証明郵便とは

時効一覧

債権回収の方法と手続き

浮気不倫の慰謝料請求

労働問題

悪徳商法解約

賃貸トラブル

不動産トラブル

ペットトラブル

告訴告発・刑事事件

多重債務

契約解除

損害賠償請求

遺言状・相続問題

成年後見制度

尊厳死の宣言書(リビングウィル)

▼法律解説

民 法

消費者契約法

▼おすすめ

おすすめ書籍

新聞提供記事

メルマガ
なにがなんでも!内容証明研究会

バックナンバー一覧
カテゴリ別一覧
Powerd byまぐまぐ