内容証明研究会 > 民法ノート > 物権(所有権・占有権) > 物権とは?

民法 物権とは

物権とは?

その1 物権とは?

物権とは、物に対する直接、排他的な権利のことです。
特定された独立の物、他の人の行為を介さずに、1つのものに同一内容物権は2つ以上ない

本   権
所有権  
制限物件 用益物件
地上権(265条〜)
   目的:工作物の所有、竹木の所有
   存続期間:制限なし
   対価:成立要件ではない
   抵当権の目的:なる
永小作権(270条〜)
   目的:耕作
   存続期間:設定行為→20年〜50年、なし
        →慣習または30年 
   対価:小作料が要件となる
   抵当権の目的:なる
地役権(280条〜)
   目的:なんでも
   存続期間:なし
   対価:要件ではない
   抵当権の目的:ならない
入会権(263条 294条)
担保物権
留置権(295条〜)
先取特権(303条〜)
質権(342条〜)
抵当権(369条〜)

今すぐ相談する!

 

民法物権解説へのリンク

今すぐ相談する!

スポンサーリンク

関連ページリンク

CategoryMenu

内容証明研究会カテゴリ

内容証明郵便とは

時効一覧

債権回収の方法と手続き

浮気不倫の慰謝料請求

労働問題

悪徳商法解約

賃貸トラブル

不動産トラブル

ペットトラブル

告訴告発・刑事事件

多重債務

契約解除

損害賠償請求

遺言状・相続問題

成年後見制度

尊厳死の宣言書(リビングウィル)

▼法律解説

民 法

消費者契約法

▼おすすめ

おすすめ書籍

新聞提供記事

メルマガ
なにがなんでも!内容証明研究会

バックナンバー一覧
カテゴリ別一覧
Powerd byまぐまぐ
スポンサーリンク