内容証明研究会 > 民法ノート > 債権 > 債権の消滅(相殺)

民法 相殺(債権の消滅)

相殺(債権の消滅)

その8 相殺(債権の消滅)

【相殺】

債務者が債権者に対し債務と同種の債権を持っている場合、 債権と債務とを対等額によって消滅させる一方的な意思表示

《趣旨》

  • 法律関係を簡易に決済すること
  • 当事者間の公平を図る(弁済した後相手に破産されたら損をしてしまう)

《要件》

  1. 債権が対立していること(505条-1)
    • 債務者自身が債権を有している
  2. 対立する債権が同種の目的を有する(505条-1)
    • 「金銭債権」あるいは「種類債権」の履行地が違ってもかまわない(507)
  3. 対立する債権がともに弁済期にあること
    • (弁済期にない方が相殺をすすんでやればよい)
  4. 相殺を許さないものでないこと
    • 性質(ex.お互いに演技や公演をする)
    • 当事者の合意
      但し相殺禁止を知らずに譲り受けた第三者は相殺できる(505条-2)
    • 法律によって禁止
      • 不法行為による損害賠償請求権(509条)加害者は相殺できない
      • 差押禁止債権(510) 扶養料、恩給
      • 支払い差し止め債権(511) 差押債権者に相殺を主張できない
      • 同時履行のついた債権を自働債権として相殺できない

《方法》

  • 一方から他方に意思表示をする
  • 相手の承諾は必要ない(506条-1)
  • 条件・期限をつけることができない(506条-1但)

《効果》

  • 相当額において消滅する(505条-1)
  • 相殺の要件が備わったときさかのぼって効力を生じる(506条-2)
    遡及効

今すぐ相談する!

 

民法債権解説へのリンク

今すぐ相談する!


関連ページ(広告が含まれています)

相談・お問い合わせ

内容証明研究会のホーム

相談・お問い合わせ

CategoryMenu

内容証明研究会カテゴリ

内容証明郵便とは

時効一覧

債権回収の方法と手続き

浮気不倫の慰謝料請求

労働問題

悪徳商法解約

賃貸トラブル

不動産トラブル

ペットトラブル

告訴告発・刑事事件

多重債務

契約解除

損害賠償請求

遺言状・相続問題

成年後見制度

尊厳死の宣言書(リビングウィル)

▼法律解説

民 法

消費者契約法

▼おすすめ

おすすめ書籍

新聞提供記事

メルマガ
なにがなんでも!内容証明研究会

バックナンバー一覧
カテゴリ別一覧
Powerd byまぐまぐ