内容証明研究会 > 民法ノート > 債権(賃貸借契約) > 賃貸借の譲渡

民法 賃貸借契約の譲渡

不動産賃貸借の譲渡、賃借物の転貸

その19 賃借権の譲渡と賃借権の転貸

《賃借権の譲渡》
  • 新賃借人のみが賃借人になる(延滞賃料債務は承継されない)
《賃借権転貸(またがし)》
  • 賃貸人―賃借人=転貸人−転借人
    1. 賃貸人(保護)と転借人・・・転借人のみが直接義務を負う(613条)
      そのため転借人は転貸人に賃料を払っても賃貸人に対抗できない(613-1)
    2. 賃貸人と転貸人・・・従来どおりの権利・義務を負う
    3. 転貸人と転借人・・・基本的には通常の賃貸借と同じ

今すぐ相談する!

 

民法債権解説へのリンク

今すぐ相談する!

スポンサーリンク

関連ページリンク

CategoryMenu

内容証明研究会カテゴリ

内容証明郵便とは

時効一覧

債権回収の方法と手続き

浮気不倫の慰謝料請求

労働問題

悪徳商法解約

賃貸トラブル

不動産トラブル

ペットトラブル

告訴告発・刑事事件

多重債務

契約解除

損害賠償請求

遺言状・相続問題

成年後見制度

尊厳死の宣言書(リビングウィル)

▼法律解説

民 法

消費者契約法

▼おすすめ

おすすめ書籍

新聞提供記事

メルマガ
なにがなんでも!内容証明研究会

バックナンバー一覧
カテゴリ別一覧
Powerd byまぐまぐ
スポンサーリンク