内容証明研究会 > 消費者契約法ノート > 消費者契約法第3条

消費者契約法第3条

第3条 事業者と消費者が努力すること

前へ: | 次へ: | 目次:消費者契約法ノート

その1 第3条 事業者と消費者が努力すること

<条文>

  1. 事業者は、消費者契約の条項を定めるに当たっては、消費者の権利義務その他の消費者契約の内容が消費者にとって明確かつ平易なものになるよう配慮するとともに、消費者契約の締結について勧誘をするに際しては、消費者の理解を深めるために、消費者の権利義務その他の消費者契約の内容についての必要な情報を提供するよう努めなければならない。
  2. 消費者は、消費者契約を締結するに際しては、事業者から提供された情報を活用し、消費者の 権利義務その他の消費者契約の内容について理解するよう努めるものとする。

今すぐ相談する!

その2 事業者の努力義務

  • 契約の内容は、消費者にとって簡単で、わかりやすいものにすること
  • 消費者の理解を深めるために消費者契約の内容についての必要な情報を提供すること

⇒ 契約内容全ての提供を要請するものではなく、契約の締結に必要な情報の提供をすることが求められる。この努力義務を怠っても、契約が契約が取り消されたり損害賠償は生じない。

今すぐ相談する!

その3 消費者の努力

  • 事業者から提供された情報を活用し、権利義務その他の消費者契約の内容について理解すること

⇒ 自己責任を負う水準までは、理解するために努力しなさい。というものであって、この努力を怠っても、取消権(第4条)が認められなくなったりしない

今すぐ相談する!

その4 契約の拘束力について

契約の意思表示は、自由・自主的に行われなければならない。(契約の前提条件)

 ⇒ ・適切な勧誘だったか?
         事業者の情報提供・説明は適切に行われたか
      ・契約内容は合理的なものか?
          消費者にとって不利益な条項が盛り込まれていないか

cf.民法第96条 詐欺 民法ノート(錯誤・詐欺・脅迫)参照

  事業者が消費者に思い違いをさせようとして(故意1)、

 消費者に真意と違った意思表示をさせようとする意思(故意2)

  詐欺要件になる&この立証責任は消費者側にある

今すぐ相談する!

前へ: | 次へ: | 目次:消費者契約法ノート

逐条解説 消費者契約法
 2,520 (税込) 内閣府国民生活局消費者企画課 (編集)
行政書士にオススメです。消費者契約法は、事業者対個人間のほとんどすべての契約に適用されます。これは、知っていなければならない法律です
>>その他、オススメ消費者保護関連本

今すぐ相談する!

スポンサーリンク

関連ページリンク

CategoryMenu

内容証明研究会カテゴリ

内容証明郵便とは

時効一覧

債権回収の方法と手続き

浮気不倫の慰謝料請求

労働問題

悪徳商法解約

賃貸トラブル

不動産トラブル

ペットトラブル

告訴告発・刑事事件

多重債務

契約解除

損害賠償請求

遺言状・相続問題

成年後見制度

尊厳死の宣言書(リビングウィル)

▼法律解説

民 法

消費者契約法

▼おすすめ

おすすめ書籍

新聞提供記事

メルマガ
なにがなんでも!内容証明研究会

バックナンバー一覧
カテゴリ別一覧
Powerd byまぐまぐ
スポンサーリンク