内容証明研究会 > 内容証明研究会メルマガ一覧 > 第65号 労働契約法が成立しました

労働契約法が成立しました

第65号 労働契約法が成立しました

『労働トラブルで困らない! 働く人・雇う人の速読!労働契約法 』

行政書士高田の書籍が出版されました

労働契約法が11月28日に、参議院で可決されました。

(同時に最低賃金に関する法律も可決されました。)

労働契約法は、労働契約に関わるさまざまなトラブルを労働者保護の側面からサポートしていくための法律です。

賃金を払い、受け取る関係にある使用者と労働者のための法律ですから、まるで従業員のように使われているとしても個人事業主として、請負契約をしてしまったら、この法律で救済されません。

(ただし、今までと同様に、実態をもとに何らかの請求をしていくことは、場合によっては可能だと思います)

それから、会社がこの法律に違反したとしても、罰則がありません。

ただ、この法律がなかったときは、判例や労働局の判断などを根拠に労働者が主張できたことが、今回、立法化されたことによって、法律を根拠に主張できることになるので、少々、効果はあるのでは?

と、思っています。

もちろん、経営者の方々が、この法律の内容を把握しない限りは、労働契約関係が改善されていくことは難しいでしょう。

それまで、当分の間は、何かオカシイと、労働者が感じて、自分で調べたり、法律家に相談したりして、自分の労働契約や就業規則の内容がオカシイことに気づき、権利の主張をしていくことになるでしょう。

これからは、ますます、

『自分の労働契約内容や、会社の就業規則を自分で確認すること!』

が、必要になってきます。

労働どっとネットのほうで、条文と、主な解説をしていますので、参考にしてくださいね。

労働契約法、ダイジェスト
    https://www.roudou.net/law_kei1.htm

労働契約法 条文
    https://www.roudou.net/law_kei2.htm

それから、労働契約法が施行されることによって、
労働基準法の第18条2 「解雇ルール」についての条文が削除され、同法93条に、『就業規則との関係については、労働契約法12条にお任せする』という条文が付け加えられることになりました。

今すぐ相談する!

 

労働問題メルマガ一覧


関連ページ(広告が含まれています)

相談・お問い合わせ

内容証明研究会のホーム

相談・お問い合わせ

CategoryMenu

内容証明研究会カテゴリ

内容証明郵便とは

時効一覧

債権回収の方法と手続き

浮気不倫の慰謝料請求

労働問題

悪徳商法解約

賃貸トラブル

不動産トラブル

ペットトラブル

告訴告発・刑事事件

多重債務

契約解除

損害賠償請求

遺言状・相続問題

成年後見制度

尊厳死の宣言書(リビングウィル)

▼法律解説

民 法

消費者契約法

▼おすすめ

おすすめ書籍

新聞提供記事

メルマガ
なにがなんでも!内容証明研究会

バックナンバー一覧
カテゴリ別一覧
Powerd byまぐまぐ