内容証明研究会 > 内容証明研究会メルマガ一覧 > 第68号 振り込め詐欺救済法

振り込め詐欺救済法

第68号 振り込め詐欺救済法

手口を変えて、進化し続ける振り込め詐欺ですが、ワンクリック詐欺・還付金詐欺など、被害にあった方はたくさんいるのではないでしょうか?

これまでは、振込みをしてしまったら、なかなか救済されなかったのですが、平成20年6月、とうとう、『振り込め詐欺救済法』が施行されました。

振り込め詐欺に利用された銀行口座を停止して、被害者に還付することができる法律です。

もし、この法律を利用して、お金を返して欲しい場合に、どのように手続きが進んでいくかというと

  1. 被害に遭ってしまったら、警察と、振込みをしてしまった金融機関(銀行)に、すぐ連絡します。そして、その口座を停止するように求めます。
    (銀行に申請する必要があるので、電話をして銀行の指示に従いましょう)
  2. 銀行は、犯罪利用の疑いがあるかどうかを検討し、口座の取引停止などの措置をとります。
  3. 公告
    口座の名義人が取引停止に反論・裁判してきた場合や、被害者が裁判をした場合は、今まで通り、裁判の判決を待ちます。
    でも、これらの行為が60日以上なかった場合、口座の名義人は、その口座に対する権利を失います。
  4. 分配金支払いの公告
      被害者からの支払い申請受付開始(30日以上)
  5. 被害者・被害額・支払額の認定
      口座に全額残ってない場合は、被害者の被害額に応じて、分配されます。
  6. 銀行から支払いがなされます。
  7. 支払いがなされても、口座にお金があまった場合は、口座名義人の救済や、他の犯罪被害者の支援のために使われます

このように、時間はかかりますが、裁判手続きをしなくても、比較的カンタンに返金してもらえるようになりました。

だからといって、安易に振込みをしないようにしましょうね!

今すぐ相談する!

 

出会い系・アダルト・携帯トラブルメルマガ一覧


関連ページ(広告が含まれています)

CategoryMenu

内容証明研究会カテゴリ

内容証明郵便とは

時効一覧

債権回収の方法と手続き

浮気不倫の慰謝料請求

労働問題

悪徳商法解約

賃貸トラブル

不動産トラブル

ペットトラブル

告訴告発・刑事事件

多重債務

契約解除

損害賠償請求

遺言状・相続問題

成年後見制度

尊厳死の宣言書(リビングウィル)

▼法律解説

民 法

消費者契約法

▼おすすめ

おすすめ書籍

新聞提供記事

メルマガ
なにがなんでも!内容証明研究会

バックナンバー一覧
カテゴリ別一覧
Powerd byまぐまぐ