内容証明研究会 > 内容証明研究会メルマガ一覧 > 第84号 職場でのパワハラ

職場でのパワハラ

第84号 職場でのパワハラ

上司からの圧力や嫌がらせ、同僚からのいじめを苦に 退職せざるを得ない人が後を絶ちません。

景気がよく、退職しても次の職場がすぐに見つかるなら パワハラ問題も、退職することで解決していたでしょうが、 最近の日本の不景気状況では、

パワハラ=退職=無職=生活困窮

ということになりかねません。

まず、パワハラの定義ですが、

「同じ職場で働く者に対し、職務上の地位や人間関係などの 優位性を背景に。業務の適切な範囲を超えて、 精神的・身体的苦痛を与えたり、職場環境を悪化させる行為」 になります。

具体的には、上司から罵倒や不必要なまでの叱責、無視、 仕事を与えられない、できないことが明らかな仕事量を与えられる などです。

そして、上司からだけでなく、部下や同僚からの嫌がらせも 含まれます。

類型としては、

1.身体的な攻撃(殴る、蹴るなど暴行)
2.精神的な攻撃(暴言、叱責、侮辱)
3.人間関係からの切り離し(無視、隔離)
4.過大な要求(不可能な仕事の強制)
5.過小な要求(能力以下の単調作業など)
6.個の侵害(個人的な事情に立ち入る)

の6つに分かれます。

人間同士が集まって、組織は成り立っていますから、 そこに、なんらかのいざこざが絶えないのはしかたないとしても、 業務上必要とは考えにくい程度の嫌がらせは、やはり、 パワーハラスメント(パワハラ)として、相手の人格権を侵害するものに なります。

各企業ごとに、就業規則の中で規定したり、 相談窓口を設置するなどの対処がパワハラの予防に役立ちます。

少しでも、気持ちよく皆が働けるように、 パワハラのない社会(会社)にしていきましょう。

今すぐ相談する!

 

労働問題メルマガ一覧


関連ページ(広告が含まれています)

CategoryMenu

内容証明研究会カテゴリ

内容証明郵便とは

時効一覧

債権回収の方法と手続き

浮気不倫の慰謝料請求

労働問題

悪徳商法解約

賃貸トラブル

不動産トラブル

ペットトラブル

告訴告発・刑事事件

多重債務

契約解除

損害賠償請求

遺言状・相続問題

成年後見制度

尊厳死の宣言書(リビングウィル)

▼法律解説

民 法

消費者契約法

▼おすすめ

おすすめ書籍

新聞提供記事

メルマガ
なにがなんでも!内容証明研究会

バックナンバー一覧
カテゴリ別一覧
Powerd byまぐまぐ