内容証明研究会 > 新聞掲載コラム一覧 > 交通事故、新車を事故車にされた!

交通事故、新車を事故車にされた!

先日、購入したばかりの新車を運転していたところ、後ろから追突されました。修理代は60万円程度で、その分は弁償してくれることになりました。

私としては、無傷の新車が『事故車』になってしまったので、本当は買い替えをしたいのですが我慢をしています。その代わりに、慰謝料として評価損分を請求することはできますか?

買ったばかりの新車を事故車にされてしまったとのこと、残念でしたね。

ご質問の件ですが、評価損分を請求することは可能です。ただ、評価損全額が認められるということはあまりなく、判例でも、新車の場合で、修理代の20〜40%を評価損とすることが多いようです。  

また、買い替えについてですが、買ったばかりの車だと、元に戻して欲しい(買い替えして欲しい)と思うのは当然だとは思いますが、客観的にみて、買い替えが妥当である場合にのみ(ほぼ全損)、その事故車の売却額との差額を請求することができます。

  特別仕様車や付加価値のついた車種の中古車が事故にあった場合については、車の専門誌などを参考にして、流通価格を基準に算定されます。

 それから、車を修理に出している間のレンタカーなどの代車費用や、営業車(タクシーなど)であれば、休車損も請求可能です。

損害賠償金や慰謝料の請求は内容証明でしましょう。ご相談くださいね

コラム「身近なトラブルQ&A」
原稿執筆しています。
2005年1月25日
三陸新報
[身近なトラブルQ&A]
2005年1月31日
宇部日報
[身近なトラブルQ&A]
2005年2月17日
読売ウィークリー情報誌TOUCH
[身近なトラブルQ&A]

関連ページ(広告が含まれています)

相談・お問い合わせ

内容証明研究会のホーム

相談・お問い合わせ

CategoryMenu

内容証明研究会カテゴリ

内容証明郵便とは

時効一覧

債権回収の方法と手続き

浮気不倫の慰謝料請求

労働問題

悪徳商法解約

賃貸トラブル

不動産トラブル

ペットトラブル

告訴告発・刑事事件

多重債務

契約解除

損害賠償請求

遺言状・相続問題

成年後見制度

尊厳死の宣言書(リビングウィル)

▼法律解説

民 法

消費者契約法

▼おすすめ

おすすめ書籍

新聞提供記事

メルマガ
なにがなんでも!内容証明研究会

バックナンバー一覧
カテゴリ別一覧
Powerd byまぐまぐ