内容証明研究会 > 新聞掲載コラム一覧 > 告訴状を受理してもらえないときは?

告訴状を受理してもらえないときは?

小さな雑貨店を経営していますが、半年ほど前から従業員が横領を繰り返し、店のお金を持ち逃げしました。

お客様からも証言をいただき、横領した日時や金額など、証拠はすべて揃っています。しかし、警察に行っても告訴状を受け取って調査してもらえません。このまま、泣き寝入りするしかないのでしょうか?

スポンサーリンク

刑法に該当する事件があり、告訴状が出されれれば、警察は調査をしなければならないため、小さな犯罪ですと、なかなか告訴状を受け付けてもらえません。

詐欺や横領は、特に告訴状を受理してもらうことが難しいのです。

でも、諦める必要はありません。それだけ証拠が揃っているにも関わらず警察が動いてくれないときは、警察の上位機関にあたる「監察」というところへ、○○警察が対応してくれないのですが・・と、申請してみましょう。

「監察」から、各警察へ指導が行き、受理してもらえる可能性が高まります。

インターネットなどでも、各県警察署HPに、「警察の対応に不満がある場合はこちらへ御連絡ください」などと書いてあり、「監察」の電話番号やメールアドレスが記載されています。

テレビや新聞などでも警察の不祥事が報道され、警察官への不信感が募っていますので、このような窓口が開かれています。なかなか告訴状を受理してもらえない場合は、「監察」へ相談してみてくださいね。 「内容証明研究会」https://www.naiken.jp/でメール相談をやっています、ご利用くださいね。

コラム「身近なトラブルQ&A」
原稿執筆しています。
2004年10月13日
三陸新報
[身近なトラブルQ&A]
2004年10月28日
福島民友新聞 TOUCH
[身近なトラブルQ&A]

スポンサーリンク

関連ページリンク

CategoryMenu

内容証明研究会カテゴリ

内容証明郵便とは

時効一覧

債権回収の方法と手続き

浮気不倫の慰謝料請求

労働問題

悪徳商法解約

賃貸トラブル

不動産トラブル

ペットトラブル

告訴告発・刑事事件

多重債務

契約解除

損害賠償請求

遺言状・相続問題

成年後見制度

尊厳死の宣言書(リビングウィル)

▼法律解説

民 法

消費者契約法

▼おすすめ

おすすめ書籍

新聞提供記事

メルマガ
なにがなんでも!内容証明研究会

バックナンバー一覧
カテゴリ別一覧
Powerd byまぐまぐ
スポンサーリンク