内容証明研究会 > 新聞掲載コラム一覧 > アパートの立退き

アパートの立退きを円満に

アパートが古くなったので建替えを死体のですが、入居者には円満に立退いてもらいたいと思います。

立ち退き料だけで数百万円かかるときいたこともありますが、お金はなるべくかけたくありません。

いい方法はありますか?

法律上、最低でも契約満了の6ヶ月前には住民に対して通知をしなければなりません。

建物の老朽化を理由に立ち退きを求める場合、『まだまだ、使えるぞ」といって法外な立ち退き料を請求する住民もいます。

それでも、何とかうまく立退いてほしいですよね。

まず、立ち退き料を支払わなければならないという法律はありません。払うかどうか、また、いくら払うのかは大家が勝手に決めても、話合いで決めても言い訳です。

通常は6か月分の家賃ほどの立ち退き料が出ることが多いようですが、これも決められているわけではないのです。

6ヶ月前に出さなければならない通知の中で、例えば「3ヶ月以内に立退いてくれたら○か月分の家賃相当分の立ち退き料を払いますよ」など、立ち退き料に段階的な条件をつけ、時期が早ければ早いほど多額にもらえるように設定。

このような工夫で、円満に、スピーディに立退いてもらえることもあります。

もちろん、不動産屋さんにも協力してもらい、住民の次の居住地を探すお手伝いをしたり、各居住者に必要なことを提供してあげることも大切です。

御相談は専門家に。

コラム「身近なトラブルQ&A」
原稿執筆しています。
2004年7月8日
ウイークリー情報誌
「TOUCH」
[身近なトラブルQ&A]

関連ページ(広告が含まれています)

相談・お問い合わせ

内容証明研究会のホーム

相談・お問い合わせ

CategoryMenu

内容証明研究会カテゴリ

内容証明郵便とは

時効一覧

債権回収の方法と手続き

浮気不倫の慰謝料請求

労働問題

悪徳商法解約

賃貸トラブル

不動産トラブル

ペットトラブル

告訴告発・刑事事件

多重債務

契約解除

損害賠償請求

遺言状・相続問題

成年後見制度

尊厳死の宣言書(リビングウィル)

▼法律解説

民 法

消費者契約法

▼おすすめ

おすすめ書籍

新聞提供記事

メルマガ
なにがなんでも!内容証明研究会

バックナンバー一覧
カテゴリ別一覧
Powerd byまぐまぐ