ペットトラブルホーム > アパート・マンションでのトラブル > ペット不可マンションでペットを飼う

ペット不可マンションでペットを飼う〜分譲住宅

ペット禁止のマンションだけれど、どうしてもペットを飼いたくて、内緒で飼ってしまいました。これから起こりうる不利益はどのようなものでしょう

また、完全室内のペットを飼った場合はどうでしょうか。猫や犬ではないので他の住民に迷惑をかけるわけではなく、問題ないように思われますが・・・。

  1. 住民からの非難
  2. 過去の判例
  3. ペット禁止の理由
  4. マンション規約を整備する

住民からの非難

マンションに住む以上、管理規約を遵守することは当然のことです。すべての住民が管理規約を無視して自分のことだけを考えた行動をとれば、収拾がつかなくなって共同生活がうまくいかなくなるのは明らかです。

仮に隠れてペットを飼い始めても、いずれは飼っていることがばれて、苦情が出たり非難されるのは目に見えています。

などが、挙げられます。

今すぐ相談

過去の判例

マンション管理規約などのペット禁止条項は、過去に裁判で争われた例がいくつもあり、その全てにおいて、こうした規制は有効とされており、さらには、飼い主に対してペットの飼育をやめるように命じる判決も出されています。

管理規約を無視してペットを飼育した場合、他の住人から苦情が出ることは明らかですが、最悪の場合、裁判に持ち込まれ、ペットの飼育禁止や、損害賠償請求を受けるなど飼い主に対して厳しい判決が出るでしょう。

さらには、マンションの使用禁止や退去命令が出る可能性も否定できません。

今すぐ相談

ペット禁止の理由

通常、マンションの管理規約は、区分所有者の話し合いの場において多数決で決められます。ですから、完全室内の動物なら大丈夫なのか、確認することが望ましいです。

犬や猫は駄目でも、小動物(うさぎ、フェレット)や亀、金魚、小鳥なら大丈夫かも知れません。

また、ペット禁止は

など、禁止している理由があるはずです。

完全室内で飼う動物でも、ペット禁止理由にあてはまるようでしたら、飼育不可になるでしょう。

管理規約に、「すべてのペット不可」とあれば、完全室内飼育といえども、あきらめるほかありません。

すでに飼っている場合は、近隣にそれがばれた場合に、犬猫と同じように対応される可能性があり、トラブルに発展していくでしょう。

今すぐ相談

マンション規約を整備する

うさぎ、フェレット、モルモットなどの飼育ができるようでしたら、マンションの管理規約をはっきりとさせて、どの種類のペットが可でどんなペットが不可なのかを明らかにしておくとよいでしょう。

あいまいなままにしておくと、完全室内飼育ペットもダメだ、と、解釈する人も出てきます。

今すぐ相談


関連ページ(広告が含まれています)

相談・お問い合わせ

相談・お問い合わせ

ペットトラブルのホーム

CategoryMenu

犬のトラブル

犬飼い主責任と行政手続き

トラブル解決手順

近隣とのトラブル

犬同士のトラブル

犬が人を噛んだトラブル

犬が怪我をしたトラブル

犬の所有権をめぐるトラブル

猫のトラブル

ネコの飼い主責任

トラブル解決手順

近隣とのトラブル

里親・野良猫のトラブル

アパート・マンションでのトラブル

賃貸住宅でのペットトラブル

分譲住宅でのペットトラブル

ペットショップ・ブリーダーでのトラブル

ペットショップ・ブリーダーの義務と責任

ペット購入時の注意点

手続き上のトラブル

病気・ワクチンのトラブル

トリマー、ペットホテル、しつけ教室とのトラブル

獣医・動物病院でのトラブル

獣医師の義務と責任

獣医師のインフォームドコンセント

医療ミスの損害賠償請求

悪質な獣医への処分を求めたい

ペットの虐待・放置

動物実験3Rの原則

餌・水を与えられない

ペットを預けたまま放置

ペットの法律・裁判例

動物愛護管理法・指針・条例など

規則・届出制度など


amazon