ペットトラブルホーム > 猫のトラブル > 猫の飼い主責任、管理と義務

猫の飼い主責任、管理と義務

  1. 法律上の飼い主管理責任
  2. 損害賠償責任を負う

法律上の飼い主管理責任

猫の飼い主は、猫の行為によって他に損害を与えてはなりません。

他人に迷惑をかけた場合は動物の占有者として責任を問われることになります。(民法718条)。

猫の飼い主だけでなく、継続的にのら猫にエサをあたえていた人も、占有者として、飼い主と同等の責任を負います。

また、動物愛護管理法7条で、

「動物の所有者又は占有者は、命あるものである動物の所有者又は占有者としての責任を十分に自覚して、‥‥‥動物が人の生命、身体若しくは財産に害を加え、又は人に迷惑を及ぼすことのないように努めなければならない」

と規定されています。

今すぐ相談

損害賠償責任を負う

飼い主は、基本的には自分のペットが他人を傷つけたり、ものを壊したりした場合には、その損害賠償責任を負います

ただ、動物の種類や性質に応じて、注意義務を果たしてきたことを証明できれば、その責任を免れることができます。

しかし、猫は犬とは違い、基本的に外を自由に歩き回る動物ですから、注意義務をはらっていたということを証明することは、ほぼ、無理です。

また、反対に、何かあったときに、本当に自分の猫の仕業なのかを、被害者に証明してもらう必要があります。他の猫の仕業だったり、被害者の過失が大きいことだったりする場合がありますから。

過失相殺

また、けがをさせてしまったのが、子供などがいたずらをしたり、暴力をふるってきた結果だとしたら、その分が、治療費やその他の損害賠償額を減額することができます。

猫同士、犬との喧嘩の場合は、お互いがケガをすることもあり、どちらがどう悪いか判断できないことが多いですから、なるべく、証明できるように、目撃者に証言を頼むなどしましょう。

今すぐ相談


関連ページ(広告が含まれています)

相談・お問い合わせ

相談・お問い合わせ

ペットトラブルのホーム

CategoryMenu

犬のトラブル

犬飼い主責任と行政手続き

トラブル解決手順

近隣とのトラブル

犬同士のトラブル

犬が人を噛んだトラブル

犬が怪我をしたトラブル

犬の所有権をめぐるトラブル

猫のトラブル

ネコの飼い主責任

トラブル解決手順

近隣とのトラブル

里親・野良猫のトラブル

アパート・マンションでのトラブル

賃貸住宅でのペットトラブル

分譲住宅でのペットトラブル

ペットショップ・ブリーダーでのトラブル

ペットショップ・ブリーダーの義務と責任

ペット購入時の注意点

手続き上のトラブル

病気・ワクチンのトラブル

トリマー、ペットホテル、しつけ教室とのトラブル

獣医・動物病院でのトラブル

獣医師の義務と責任

獣医師のインフォームドコンセント

医療ミスの損害賠償請求

悪質な獣医への処分を求めたい

ペットの虐待・放置

動物実験3Rの原則

餌・水を与えられない

ペットを預けたまま放置

ペットの法律・裁判例

動物愛護管理法・指針・条例など

規則・届出制度など


amazon