ペットトラブルホーム > 猫のトラブル > 野良猫を飼うことにしたトラブル

野良猫を飼うことにしたトラブル

野良猫を自分の猫にしても問題はないでしょうか?

  1. 本当に野良猫か?
  2. 正式な所有者になるために

本当に野良猫か?

法律上は、猫は「物(ブツ)」として扱われますので、猫の持ち主がわからないという場合には所有者がいないということですから、自分のものとして所有権を主張することに問題はありません。

ただ、猫は犬と違い、首輪を付けていることも少なく、野良猫か飼い猫かの判断は難しいと思われます。

野良猫を飼い始める際には、飼い主がいた場合のトラブルに備えてください。

また、その野良猫に継続的に餌をあげ続けている人がいた場合、猫の占有権はその人が持っており、現時点では、その人が猫の占有者として所有者と同等の管理責任を負っています。

今すぐ相談

正式な所有者になるために

本当にいるかもしれない飼い主や、継続的に餌を与えているかもしれない人とのトラブルを避けるために、まずは、警察に遺失物として届け出ましょう。

届け出てから6ヶ月経っても飼い主が見つからなければ、正式に所有者となることができます。

また、病気がないか、避妊手術・去勢手術はしなくてよいか、検討して、できれば動物病院で検査をしてください。ワクチンやフィラリアの薬も投与するようにして、大切に育ててください。

今すぐ相談


関連ページ(広告が含まれています)

相談・お問い合わせ

相談・お問い合わせ

ペットトラブルのホーム

CategoryMenu

犬のトラブル

犬飼い主責任と行政手続き

トラブル解決手順

近隣とのトラブル

犬同士のトラブル

犬が人を噛んだトラブル

犬が怪我をしたトラブル

犬の所有権をめぐるトラブル

猫のトラブル

ネコの飼い主責任

トラブル解決手順

近隣とのトラブル

里親・野良猫のトラブル

アパート・マンションでのトラブル

賃貸住宅でのペットトラブル

分譲住宅でのペットトラブル

ペットショップ・ブリーダーでのトラブル

ペットショップ・ブリーダーの義務と責任

ペット購入時の注意点

手続き上のトラブル

病気・ワクチンのトラブル

トリマー、ペットホテル、しつけ教室とのトラブル

獣医・動物病院でのトラブル

獣医師の義務と責任

獣医師のインフォームドコンセント

医療ミスの損害賠償請求

悪質な獣医への処分を求めたい

ペットの虐待・放置

動物実験3Rの原則

餌・水を与えられない

ペットを預けたまま放置

ペットの法律・裁判例

動物愛護管理法・指針・条例など

規則・届出制度など


amazon