ペットトラブルホーム > 獣医・病院とのトラブル > 獣医師がミスを認めている場合の対応

獣医師がミスを認めている場合の対応

獣医や病院がミスを認めている場合、原因・結果の因果関係を証明する必要がありませんので、説明等をしっかりと受け、できることをしてもらいましょう。

  1. 初歩的なミスが原因での損害賠償範囲
  2. 損害賠償をしてもらう手順
スポンサーリンク

初歩的なミスが原因での損害賠償範囲

動物の治療は、飼い主と獣医師との間の準委任契約(民法656条)に基づいて行われることになります。

この準委任契約については、獣医師には善管注意義務が要求されています(民法644条)。
  ⇒獣医との契約・獣医との義務

この善管注意義務を果たしていれば回避できたミスが原因で、ペットが死んでしまったり、ケガをしてしまった場合は、獣医や病院がその全責任を負うことになり、損害賠償請求に応じる義務があります。

など、が含まれます。

今すぐ相談

損害賠償をしてもらう手順

まずは、示談書や合意書などタイトルはどちらでもよいですが、損害の内訳と賠償金額を書面にしてもらいます。

ミスを認めているわけですから、相応の金額を提示してくるでしょう。

しかし、内容に納得いかない場合は、次の手順で進めていきます。各段階で合意できればよいのですが、ミスを認めてはいても、その賠償の方法や金額に合意がいかない場合もあります。

  1. 内容証明で獣医が認めているミスやペットの状態などを記し、納得いく結果を要求します。
  2. 話し合いや、書面交渉をします。
  3. 民事調停を簡易裁判所に起こします。
  4. 裁判で、合意点を探ります。

今すぐ相談

スポンサーリンク

関連ページリンク

スポンサーリンク

amazon