ペットトラブルホーム > 獣医・病院とのトラブル > 獣医師がミスを認めている場合の対応

獣医師がミスを認めている場合の対応

獣医や病院がミスを認めている場合、原因・結果の因果関係を証明する必要がありませんので、説明等をしっかりと受け、できることをしてもらいましょう。

  1. 初歩的なミスが原因での損害賠償範囲
  2. 損害賠償をしてもらう手順

初歩的なミスが原因での損害賠償範囲

動物の治療は、飼い主と獣医師との間の準委任契約(民法656条)に基づいて行われることになります。

この準委任契約については、獣医師には善管注意義務が要求されています(民法644条)。
  ⇒獣医との契約・獣医との義務

この善管注意義務を果たしていれば回避できたミスが原因で、ペットが死んでしまったり、ケガをしてしまった場合は、獣医や病院がその全責任を負うことになり、損害賠償請求に応じる義務があります。

など、が含まれます。

今すぐ相談

損害賠償をしてもらう手順

まずは、示談書や合意書などタイトルはどちらでもよいですが、損害の内訳と賠償金額を書面にしてもらいます。

ミスを認めているわけですから、相応の金額を提示してくるでしょう。

しかし、内容に納得いかない場合は、次の手順で進めていきます。各段階で合意できればよいのですが、ミスを認めてはいても、その賠償の方法や金額に合意がいかない場合もあります。

  1. 内容証明で獣医が認めているミスやペットの状態などを記し、納得いく結果を要求します。
  2. 話し合いや、書面交渉をします。
  3. 民事調停を簡易裁判所に起こします。
  4. 裁判で、合意点を探ります。

今すぐ相談


関連ページ(広告が含まれています)

相談・お問い合わせ

相談・お問い合わせ

ペットトラブルのホーム

CategoryMenu

犬のトラブル

犬飼い主責任と行政手続き

トラブル解決手順

近隣とのトラブル

犬同士のトラブル

犬が人を噛んだトラブル

犬が怪我をしたトラブル

犬の所有権をめぐるトラブル

猫のトラブル

ネコの飼い主責任

トラブル解決手順

近隣とのトラブル

里親・野良猫のトラブル

アパート・マンションでのトラブル

賃貸住宅でのペットトラブル

分譲住宅でのペットトラブル

ペットショップ・ブリーダーでのトラブル

ペットショップ・ブリーダーの義務と責任

ペット購入時の注意点

手続き上のトラブル

病気・ワクチンのトラブル

トリマー、ペットホテル、しつけ教室とのトラブル

獣医・動物病院でのトラブル

獣医師の義務と責任

獣医師のインフォームドコンセント

医療ミスの損害賠償請求

悪質な獣医への処分を求めたい

ペットの虐待・放置

動物実験3Rの原則

餌・水を与えられない

ペットを預けたまま放置

ペットの法律・裁判例

動物愛護管理法・指針・条例など

規則・届出制度など


amazon