ペットトラブルホーム > 犬のトラブル > 勝手に庭に入った子供をノーリードの犬が噛んだトラブル

勝手に庭に入った子供をノーリードの犬が噛んだトラブル

子供が勝手に庭に入って、敷地内で放し飼いにしていた犬に噛まれてしまいました。噛んだ犬も悪いとは思いますが、子供やその親に責任はないのでしょうか。

  1. 注意義務をはたし、管理していたとはいえない
  2. 来訪者の過失
  3. 損害賠償の対象
スポンサーリンク

注意義務を果たし、管理していたとはいえない

ペットの飼い主は、ペットが人を傷つけたり物を壊したたりした場合には、動物の占有者としての責任を負い、被害者に対して損害を賠償しなければなりません。(民法718条)

ただし、ペットの飼養において、相当の注意義務を払っていた場合には、その責任を負う必要はありません。(民法718条1項ただし書)

具体的には、犬をきちんとつないでいたかどうか、つないでいたリードの長さはどうか、その犬が以前にも人を噛んだことがあるかどうかなど、色々な要素をもとに判断が行われることになります。

自宅の敷地内であれば飼い方は飼い主の自由、というものではありません。そこには管理責任が問われます。

犬の飼い主は、あらゆる事態を想定し危険を回避する手立てを講じる必要があります。

犬が外へ飛び出さないように柵を張り巡らしたり、外からは簡単に入ってこれないようにしたり、手を入れられないように網を張ったり、外部の人とトラブルにならないようにリードを適度な長さにしたり・・と、考慮しなければならないことは意外と多いものです。

本来、飼い主が動物の種類や性質に応じて、注意義務を果たしてきたことを証明できれば、その責任を逃れることができます。ですが、子供でも敷地内に簡単に入ってこれるようになっているにも関わらず、その敷地内で犬を放し飼いしていることは、犬を注意義務をもって管理してきたことにはならないのです。

今すぐ相談

来訪者の過失

被害者にも何かしらの過失が認められる場合には、双方の過失の割合に応じて賠償額が変わってきます。(民法722条2項)

また、被害者本人の過失だけではなく、こどもの監督者である両親がいる場合には、監督不行き届きについても被害者側の過失として加味されることになります。

不用意に柵から手を入れたり、勝手に他人の家の庭に入った子供の行為は軽率であると言わざるを得ませんし、親も保護者としての監督責任が問われます。

このように考えると、飼い主の責任がすべてなくなるとは言えませんが、過失相殺により損害賠償額の相応の減額が見込まれます

今すぐ相談

損害賠償の対象

民法718条では、ペットの飼い主が動物の占有者として被害者の損害を賠償する場合には、社会的にみて加害行為と相当の因果関係がある損害を賠償するとしています。

具体的には、怪我の治療費はもちろんのこと、通院費、入院費、そして、仮に、被害者が仕事を休まざるを得なくなった場合には休業補償、家族が被害者の看護のために会社を休まざるを得なくなった場合にはその休業補償、そして、精神的な苦痛を与えてしまったことによる慰謝料も支払いの対象となります。

これら損害額から、賠償額は、飼い主の管理責任と被害者である子供の保護者の監督責任を考慮したうえで、総額を過失割合により按分して算出するのが一般的です。

また、後遺症が残ってしまった場合には、後遺障害を負ったことによる収入の減少分相当、つまり後遺症による逸失利益に対する責任も負わなければなりません。

さらには、被害者側の弁護士費用の一部を負担することも考えなければなりません。

今すぐ相談

スポンサーリンク

関連ページリンク

スポンサーリンク

amazon