ペットトラブルホーム > 犬のトラブル > 犬の多頭飼育の騒音・悪臭トラブル

犬の騒音・多頭飼育の騒音・悪臭トラブル

たくさんの犬を飼っている家があって、周囲が犬の泣き声や糞尿などの悪臭で困っていても、苦情を言っても、改善されない場合、どのように対応したらいいでしょうか

  1. 多頭飼いの実情
  2. 動物愛護管理法での措置
  3. 解決の方法、具体的対策

多頭飼いの実情

2,3匹の犬や猫をかわいがりながら飼い、近所への迷惑を最小限にしている家庭もありますが、その数が増えることによって、さまざまな問題が表面化してきます。

一般人がする多頭飼育の問題

繁殖業者がする多頭飼育の問題

数が多くなると、泣き声、悪臭、不衛生の3つの大きなトラブルを一気に抱え込むことも少なくなく、周囲に住む人にとっては日常生活を営むこともできなくなり、

また、飼われている動物たちにとっては不潔な環境で、動物虐待ともいえる状況下に置かれ、近年では社会問題化するケースも多くなっています。

今すぐ相談

動物愛護管理法での措置

このようなトラブルが多くなってきたこともあり、

  1. 頻繁に発生する動物の鳴き声その他の音
  2. 飼料の残さ又は動物のふん尿その他の汚物の不適切な処理又は放置により発生する臭気
  3. 動物の飼養施設の敷地外に飛散する動物の毛又は羽毛
  4. 動物の飼養又は保管により発生する多数のねずみ、はえ、蚊、のみその他の衛生動物

これらの問題について、動物愛護管理法第25条で

多頭飼いの飼育のしかたや、保管のしかたが原因となって周辺の生活環境が損なわれていると判断できる場合は、都道府県知事は、飼い主にその状態を改善するよう勧告することができ、しない場合は命令を下すことができる。

としました。

ただし、勧告や改善は、4つの問題状況が、以下の2つの条件を満たしている場合に限られます。

なお、地方自治体の条例では、この動物愛護に関して独自の規制を設けている自治体もありますので、自分が住んでいる自治体の条例を一度調べてみることも必要です。

今すぐ相談

解決の方法、具体的対策

具体的な対策としては、まず、動物愛護管理法に基づく行政指導が考えられますので、最寄の保健所・健康福祉センター(都道府県の管轄)などに実情を伝えて相談します。

また、都道府県知事からの勧告や命令を下してもらうためにも、同じような迷惑を被っている人たちと団結して行動することをお勧めします。

直接、飼育者に苦情を伝える場合は、内容証明郵便で、実情とどのような被害がもたらされているのかを伝えて、改善要求をしたり、

裁判所に対しては、犬の飼育差し止め請求や、実際に騒音などで体調を崩していたりするようでしたら、慰謝料などの損害賠償請求を起こすこともできます。

今すぐ相談


関連ページ(広告が含まれています)

相談・お問い合わせ

相談・お問い合わせ

ペットトラブルのホーム

CategoryMenu

犬のトラブル

犬飼い主責任と行政手続き

トラブル解決手順

近隣とのトラブル

犬同士のトラブル

犬が人を噛んだトラブル

犬が怪我をしたトラブル

犬の所有権をめぐるトラブル

猫のトラブル

ネコの飼い主責任

トラブル解決手順

近隣とのトラブル

里親・野良猫のトラブル

アパート・マンションでのトラブル

賃貸住宅でのペットトラブル

分譲住宅でのペットトラブル

ペットショップ・ブリーダーでのトラブル

ペットショップ・ブリーダーの義務と責任

ペット購入時の注意点

手続き上のトラブル

病気・ワクチンのトラブル

トリマー、ペットホテル、しつけ教室とのトラブル

獣医・動物病院でのトラブル

獣医師の義務と責任

獣医師のインフォームドコンセント

医療ミスの損害賠償請求

悪質な獣医への処分を求めたい

ペットの虐待・放置

動物実験3Rの原則

餌・水を与えられない

ペットを預けたまま放置

ペットの法律・裁判例

動物愛護管理法・指針・条例など

規則・届出制度など


amazon