ペットトラブルホーム > ペットの虐待・放置 > ペットを預けたまま放置トラブル

ペットを預けたまま放置トラブル

近所の人に犬や猫を預けたまま、取りにこない飼い主がいます。預かった人はその犬・猫をどうしたらいいでしょう?

  1. ペットを預かる寄託契約
  2. 引き取りを拒否する飼い主に対してできること

ペットを預かる寄託契約

寄託契約(民法657条)とは

ペットを預かった人(受寄者)が、ペットを預けた飼い主(寄託者)のために保管することを約束して、そのペットを受け取ることによって成立する契約

無償で預かる場合(民法659条)には、
自己の財産に対するのと同一の注意」が課せられ、

有償で預かる場合(民法400条)には、
善良な管理者の注意」が課せられます。かかる費用の前払い・償還義務があります。

預かり期限を定めない場合

期限を定めない場合は、飼い主が「返して」、預かった人が「返したい」と言ったときに契約は終了します。

預かり期限を定めた場合

ペットを返す約束の日が過ぎた時点で、寄託契約は終了します。

しかし、飼い主はいつでもペットの返還要求をすることができます。

預かった人は、期限までよほどの事情がない限り、ペットを返還することはできません。

今すぐ相談

引き取りを拒否する飼い主に対してできること

ペットを放置したまま引取りにこない飼い主に対してできることは、

  1. 飼い主に対して犬を引き取るように要求することができます
  2. 犬を保管するためにかかった費用も請求することができます

有償でも無償でも、飼い主の承諾がなければ預かったペットを第三者に保管させることはできません(民法658条1項)。もちろん、第三者に譲り渡すこともできません

飼い主が引取に来なくても問題がない場合はよいですが、第三者に保管させることも譲渡することもできないので、引渡しに関して話し合いをしようとしたことを内容証明郵便などで、要求するなどし、証拠を残し、ペットの処遇を飼い主に通告するなどして解決していきます。

今すぐ相談


関連ページ(広告が含まれています)

相談・お問い合わせ

相談・お問い合わせ

ペットトラブルのホーム

CategoryMenu

犬のトラブル

犬飼い主責任と行政手続き

トラブル解決手順

近隣とのトラブル

犬同士のトラブル

犬が人を噛んだトラブル

犬が怪我をしたトラブル

犬の所有権をめぐるトラブル

猫のトラブル

ネコの飼い主責任

トラブル解決手順

近隣とのトラブル

里親・野良猫のトラブル

アパート・マンションでのトラブル

賃貸住宅でのペットトラブル

分譲住宅でのペットトラブル

ペットショップ・ブリーダーでのトラブル

ペットショップ・ブリーダーの義務と責任

ペット購入時の注意点

手続き上のトラブル

病気・ワクチンのトラブル

トリマー、ペットホテル、しつけ教室とのトラブル

獣医・動物病院でのトラブル

獣医師の義務と責任

獣医師のインフォームドコンセント

医療ミスの損害賠償請求

悪質な獣医への処分を求めたい

ペットの虐待・放置

動物実験3Rの原則

餌・水を与えられない

ペットを預けたまま放置

ペットの法律・裁判例

動物愛護管理法・指針・条例など

規則・届出制度など


amazon